太もも内側の筋肉を鍛えれば脚は細くなるの?

太もも内側の筋肉を鍛えれば脚は細くなるの?

こんにちは、ルカ(@RUKAv2)です💓

「内転筋を鍛えると脚痩せに効く」とよく言われます。

「脚の外側ではなく内側を鍛えれば、脚は細くなっていく」ということは、聞いたことがある人も多いと思います。

しかし、このことについて、「これはちょっと違うんじゃないかな?」と思う点があるので、それについて今回書いていきたいと思います。

あくまでもわたしの考えなので、脚痩せに取り組む際の参考程度に見てくださいね😊

内転筋を鍛えれば脚は細くなるのか?

内転筋を鍛えれば、脚は本当に細くなっていくのでしょうか?

わたしはそうは思いません。

たしかに、太もも外側や前側の筋肉ではなく、太もも内側や裏側、お尻の筋肉を使えるようになる必要があるのですが、ただ内側を鍛えればいいという考えだと、思わぬ落とし穴に落ちる可能性があります⚡

わたしも実際、内転筋を鍛えるエクササイズをしたり、電車で座った時や仕事中に内ももに力を入れるのをしばらく続けました。

しかし、脚は細くならないまま…

「なんでなんだろう?」とすごく落ち込みました。

ですが、今となってはやみくもに鍛えても意味がなかったのでは、と思います。

太もも外側や前側の筋肉は、必要以上に引っ張られて硬く拘縮してしまっています。

逆に太もも内側は、ぎゅっと縮まっている状態です。

このバランスを正常に戻してからか、戻すことを意識しつつ筋肉を鍛えていかないと、脚の筋肉のバランスは悪いままになってしまいます。

だから鍛えても細くならない、ということが起こるのではないかと思っています。

鍛えるだけでは足りなくて、きちんと使えるようにする必要がある

全身の筋肉は、複雑に絡み合っています。

ある一部を鍛えたら、体のバランスが変わって別の部位に負担が来たり、自分では原因がわからないことも多くあります。

実は今森拓郎さんがオーナーのrinatoというジムに通い始めて、そこでお尻を使えるようにするという目標を立てているのですが、トレーニングを進めるうち良い変化良くない変化いろいろ出てきているんです。

そういう場合はすべての変化をトレーナーさんに伝えて、その都度トレーニングメニューに必要な種目を組み込んでもらっています。

的確にアドバイスしてくれるので、トレーニングが終わった時にはすっかり体が軽くなっていたりしてびっくりします✨

こういう時、頼れて相談できる人がいるととても安心するなあと思います。

ちょっと話が逸れましたが、とにかく、「内転筋をただ鍛えれば脚痩せできる!」というわけではなく、脚全体や体全体のバランスを見た上で鍛えたり、ストレッチなどで筋肉の状態を良くしていった方がいいということです。

とりあえずやってみて脚が細くなる様子が見られなければ何かが間違っているということなので、やり方を見直したり、プロのトレーナーさんにアドバイスをもらうのが確実で安全です💡

脚の内側を一生懸命鍛えても思うような変化がない人は、この点について少し考えてみてくださいね😊

おすすめ関連コンテンツ



ABOUT

ダイエット・美容ブロガー。 東京都内在住の26歳。167cm60kgから52〜53kgに。最終的なゴールは167cm47kg、華奢だけど筋肉のついたモデル体型が理想。ダイエット、コスメなど美容と健康に関わることが大好き。食事改善・習慣づけ・立ち方歩き方の改善・ジムでの運動を中心にダイエット継続中。「食べて痩せるダイエット」「挫折しないダイエット」「健康的に綺麗にモデル体型になるダイエット」を追求し発信しています。 ご質問・ご感想はTwitterやLINE@からいただくと返信が早くなります。 その他お仕事のご依頼などのご連絡はお問い合わせフォームからお願いします!