前ももの筋肉太りを解消する歩き方のコツ

前ももの筋肉太りを解消する歩き方のコツ

こんにちは、ルカ(@RUKAv2)です😊

すっきりした細い太ももって、憧れますよね。

ガリガリではないけど、細く引き締まって余計な筋肉や志望のないすらっとした太ももに、本当に憧れます✨

そんな太ももに近づくために必要なのが、太ももの前側の筋肉をむやみに発達させないことです。

脚は鍛えれば細くなると思っている人もいますが、それは間違いです⚡

お尻や裏ももなど、しっかり使いたい筋肉を使えていれば、前ももやふくらはぎなどの余計な箇所に筋肉がついて太く見えることはありません。

すらっとした太ももになるために、「これ効くかも!」と思った歩き方のコツについて、お伝えしたいと思います💓

脚から歩かず、上半身から前に出す

太ももの前側がごつくなってしまう場合に考えられるのは、歩き方に問題があるということです。

脚から先に送り出すように歩いていると、脚に追いつくように上半身を後から持っていくことになるので、下半身の筋肉を普通以上に使うことになります。

特に高いヒールなどで膝を曲げてこのように歩いていると、太もも前側だけでなくふくらはぎも発達して、全体的にゴツゴツした脚になってしまいます💦

わたしもそうですが、すらっとした脚になりたい人が大半だと思います。

歩けば歩くほど太ももの前側やふくらはぎが筋肉痛になる人は、一度やめて歩き方を見直しましょう。

コツは、前足を出した時に、その足に乗るように上半身を前に出すことです。

足だけ出した時と、前足に乗るように上半身を乗せた時とでは、脚全体にかかる負担が違うはずです。

このことは以前から意識していたつもりですが、キックボクシングをやるようになってトレーナーさんにアドバイスしてもらって、より強く意識するようになりました💡

これだけで、かなり歩きやすくなります✨

脚は後ろに蹴り出すだけ、という感じになるので、何度か家で練習してみて、日常的に癖になるようにしてみてくださいね💓

脚に余計な負担をかけなければ、細くなっていく

脚は、鍛える必要はほとんどありません。

まず余計な筋肉を落とすように立ったり歩いたりできるようになってから、引き締めるために鍛えても遅くありません。

むしろその方が、すらっとした綺麗な脚を手に入れられます👍

やみくもに鍛えても、ただごつい脚になるばかりです😢

いかに余計な筋肉を使わずに立てるか?歩けるか?を考えて立ったり歩いたりしてください。

少しでも参考になれば幸いです💓

おすすめ関連コンテンツ



ABOUT

ダイエット・美容ブロガー。 東京都内在住の26歳。167cm60kgから52〜53kgに。最終的なゴールは167cm47kg、華奢だけど筋肉のついたモデル体型が理想。ダイエット、コスメなど美容と健康に関わることが大好き。食事改善・習慣づけ・立ち方歩き方の改善・ジムでの運動を中心にダイエット継続中。「食べて痩せるダイエット」「挫折しないダイエット」「健康的に綺麗にモデル体型になるダイエット」を追求し発信しています。 ご質問・ご感想はTwitterやLINE@からいただくと返信が早くなります。 その他お仕事のご依頼などのご連絡はお問い合わせフォームからお願いします!