正しい立ち方では息を強く吐き切るのがコツ

正しい立ち方のコツ呼吸編

スポンサーリンク

こんにちは、ルカ(@RUKAv2)です💓

先日「痩せる&大転子を引っ込める立ち方・壁立ちを写真付きで解説◎脚痩せ・下半身太りで悩む人におすすめ」という記事を書きました。

今回は、それを補う内容を書いていこうと思います。

自分でいろいろ試すうちに「こうした方が効果が出るかも!」ということに気がついたので、上記の記事の内容を実践している方はぜひ参考にしてみてください💡

力を入れるとき、息をかなり強く吐き切る

お腹を凹ませて息を吐きながら力を入れるとき、これでもかというくらいに強く息を吐き切ると、その後姿勢がより良く改善し、その状態を長く保てるようになっていきます。

中途半端に力を入れるだけではなかなか劇的な効果は出ないので、吐き切るときは思いっきり!がコツです✨

一旦吐ききったところから一度止め、さらにそこから息を吐き切るようにすると、お腹の下の方に強く力が込められるのがわかるかと思います。

そこまでいったらかなりプルプルすると思うので、数秒できれば保ってふっと力を抜いてください。

息を吐ききったところからさらに吐き切るように、と覚えておいてくださいね💡

短時間で高い効果を出すために

この立ち方をきちんとやると、下半身が一気に変化します。

大転子の張りが減り、スカートやパンツがスムーズに履けるようになります💓

そのためには、しっかりコツやポイントを押さえて行うようにしてください。

参考になれば幸いです😊

スポンサーリンク

ABOUT

ダイエット・美容ブロガー。 東京に住む25歳。美容と健康、うさぎ、音楽、海外ドラマ、チョコレートが好き。現在は食事改善を中心にダイエット継続中です。
ご質問・ご感想はTwitterやLINE@からいただくと返信が早くなります(*´ω`*)
その他お仕事のご依頼などのご連絡はお問い合わせフォームからお願いします!