スクワットのやり方を少し変えただけで、脚痩せ効果がまったく変わってくる!

スクワットのやり方を少し変えただけで、脚痩せ効果がまったく変わってくる!

スポンサーリンク

こんにちは、ルカ(@RUKAv2)です💕

最近、脚のねじれを解消して脱!O脚すべく頑張っているところです。

脚のねじれを解消して細くするのに効果的なのが、スクワットです。

よく「正しいやり方でやればスクワットは脚痩せに効く!」ということを聞きますよね。

でも、この「正しいやり方でやれば」ってところが、かなり難しいんです💦

そこでわたしなりに、いろいろ調べたりパーソナルジムの無料体験に行ったりした経験から、脚痩せのための正しいスクワットについて考え、自分の体で実践してみました!

参考にしてみてください✨

脚がなかなか細くならない人は、脚のねじれがあるかも?

そもそも、脚のねじれってどういうこと?脚が細くならないことと関係があるの?と思う人がいるかもしれないので、ちょっと説明しておきます。

スクワットだけでなく、運動やエクササイズをしてあっという間に脚が細くなる人と、細くならない・余計に太くなる人の違いはなんなのでしょうか?

わたしには、ウォーキングやランニング、筋トレを必死にやって脚が余計に太くなってしまった経験があります。

立ち方や歩き方を意識的に変えて多少は細くすることができたものの、やっぱり運動すると太くなってしまって、

ルカ
どうして?もうわたしの脚は一生細くならないの?

と絶望的になりました😭

しかしそこで、脚のねじれや筋肉のつき方に注目し、自分なりに股関節や膝関節のねじれに注意してスクワットをしたら、少しだけだけど脚が細くなったんです。

この経験から、無意識の筋肉や関節の癖のせいで脚が太いままなんだと直感的に思いました。

これはわたしが前から言っていることですが、「体の使い方」はダイエットにおいて非常に重要です。

立ち方や歩き方を変えて修正が効く人はラッキーですが、それでもある一定のところから変わらない人は、無意識の癖が強く残っている場合があります。

だから何をしても脚が細くならないんです。

つまり、体質でも骨格のせいでもなく、「脚の筋肉や関節の癖」が良くないだけなんです。

たまに「骨格が違うからもう無理なんだ」と挫折しそうになっている人がいます。

でも、そんなことはありません。

先天的なものや何か大きな事故などで骨が変形していない限り、脚の使い方の習慣が変われば、脚の形も細さも変わります。

実際わたしは、脚が太いところからすんなり細くなり、そこからまた太くなってもう一度細くするために頑張っているところです。

最初にすんなり脚を細くできたのは、脚のねじれが少なかったから。

今なかなか細くならないのは、脚のねじれが強いから。

こう考えて、以前とは違うやり方でダイエットに取り組んでいます💡

ねじれが強い人は苦労することもあるかもしれませんが、やり方次第で絶対細くなるので、諦めないでくださいね!

スクワットで注意すること

スクワットは、正しいやり方でやれば、ねじれを解消しながら脚を細くするための筋肉を使えるようになっていきます。

ただ、ねじれが強い人やどうしても自力ではできない人はやめた方がいいと思うので、ちょっとやってみて様子を見るようにしてくださいね。

つま先の向き

まず気をつけたいのは、つま先の向きです。

つま先は、自分でやってみるとわかりますが、外側に向けた時、内側に向けた時、全然感覚が違います。

いろいろなやり方がありますが、わたしは森拓郎さんのスクワットの動画を見てから、まっすぐ前に向けてやるようにしています。

また、足は肩幅より少し広くするのがおすすめです。

これも森さんの動画を参考にしています。

肩幅より少し広めに足を置くと、体が安定します。

一時期肩幅くらいでやっていたのですが、少し広めにした方がお尻と裏ももに効いている感じがありました!

膝の向き

一番注意したいのが、膝の向きです。

O脚の人などもそうなのですが、たいていの人は膝が内側に曲がりやすくなっています。

癖が強い人は、歩くときも膝をまっすぐ出してるつもりなのに曲がって出してしまうことになるので、いつまで経ってもねじれが取れません。

膝をまっすぐ出す感覚を身につけるため、ここは慎重に行なってください。

膝が内側にねじれている人が慎重にまっすぐ出そうとすると、小指側に体重がかかって親指が浮き上がるくらいになりますが、それで大丈夫です👌

椅子に座るように腰を下ろす

そのまま腰を真下に下ろそうとすると、前ももの筋肉ばかりが鍛えられてしまいます。

そうならないように、椅子に座るイメージで腰を下ろしていきましょう。

そうすると、お尻と裏ももが使えるようになります。

お風呂の椅子など、普通の椅子より低めの椅子を用意して練習するのがおすすめです💓

お腹に力が入っていない

足の角度が…腰の下ろし方が…と下半身に注意しすぎると、お腹のことを忘れてしまいがちです💦(経験済み)

お腹に力が入っていないと、腰が反ってしまいます。

ぎゅっと力を込める必要はないですが、お腹で上半身を支えるようなイメージで力を入れておいてくださいね!

運動して脚が太くなるなら、プロに教えてもらうべき

運動して脚が太くなる人は、脚の使い方が下手だったり、筋肉のバランスが悪くなっています。

逆に言えば、脚の正しい使い方を身につけて筋肉バランスを整えるだけで、普通に生活するだけでも脚を細くする事は十分可能です。

自分で調整して、スクワットなりストレッチなりして感覚がつかめたらそれでいいのですが、もし頑張ってみて難しいなら、プロのトレーナーさんに聞きにいきましょう。

わたしはパーソナルジムの無料体験で、トレーナーさんにいろいろ聞いて、教わったことを家で自分でやったりしてました。

でもそれでもやっぱり難しいので、お金を貯めて信用できるトレーナーさんのところに行こうと思っています。

今考えているのは、森拓郎さんのジムの『rinato』か、『FORZA』というトレーニングジムです。

どちらも以前に体験に行っていい感じだったので、行くならここかなあと考えています。

自分で調整するのって、本当難しいので苦戦してます。

スクワットは様子を見て、続けていきたいと思います!

少しでも参考になれば幸いです😊

脚痩せに関するおすすめ記事

脚痩せに効く!正しいスクワットでダイエットする方法

2016.10.29

食生活改善で下半身が痩せた!脚痩せしたいなら、まずは食事を改めよう

2017.08.23

銀座Bloomでエステ体験。エンダモロジー、キャビテーション、ウルトラハイフ、サーモシェイプの4機種を試してきた!

2017.09.30

 

スポンサーリンク

ABOUT

ダイエット・美容ブロガー。 東京に住む25歳。美容と健康、うさぎ、音楽、海外ドラマ、チョコレートが好き。現在は食事改善を中心にダイエット継続中です。 ご質問・ご感想はTwitterやLINE@からいただくと返信が早くなります(*´ω`*) その他お仕事のご依頼などのご連絡はお問い合わせフォームからお願いします!