足裏の体重のかけ方・アーチを作る際の注意点について

足裏アーチを作る際の注意点

スポンサーリンク

こんにちは、ルカ(@RUKAv2)です✨

足裏のアーチを作ることの重要性に気がつき、毎日試行錯誤してます。

今日も1日脚のことを考えてました。笑

家の中で突然立ち上がって体重のかけ方を考えたり、歩き方をいろいろ試してみたり。

たまに、

ルカ
これかも?!

と思う感覚に行き着くとワクワクしてきます💕

そして今日も、新たな発見がありました。

それは、足裏の体重のかけ方です。

アーチを作る際に間違ってしまいそうなことに気がついたので、説明していきます😊

足の指に力を入れると脚に力が入ってしまう

吉永桃子さんの本を手元に足裏のアーチを作る練習をしていたのですが、そうすると脚全体に力が入ってしまうことに気がつきました。

親指を中心に足の指にぐっと力を入れると、前ももなどに力が入ってしまって、なんだか硬い脚になってしまうんです。

動きもなんだか硬いし、とっても歩きにくい😥

もちろん今までとは違った歩き方をするので違和感があるのは当たり前なのですが、それにしても脚に余計な力が入っているような気がして、

ルカ
なんか違うのかな…

と悩んでいました。

そう思っていろいろ試していたら、上半身の意識が薄れていたことがわかったんです。

つい足にばかり注目してしまいましたが、脚痩せには下半身だけでなく上半身も大事です。

そう思って試しにお腹を引き上げてみたら、一気に脚がラクになりました✨

「足の指を床につけないと」と思うとつい力が入ってしまいがちですが、そういう人は上半身をうまく使って脚の力を抜いてみてください。

そうすると、そこまで足の指で踏ん張らなくても立つことができます。

床に対してふわっと足裏が密着しつつも、しっかりアーチが作れている感じです。

親指とかかとを結んだアーチの上に体を置く(お腹を引き上げながら)ようなイメージで立つと、わたしの場合はいい感じになりました(ノ)^ω^(ヾ)

体を潰すのではなく伸びるイメージで!

姿勢を作ろうとすると、体に力が入ってしまうことが多いです。

脚をこうして、お腹に力を入れて、胸は張りすぎずに…などと考えていると、どうしても「横」の意識が強くなって、体が潰れてしまうんです💦

体が潰れると、伸びやかな体からは遠のいてしまいます。

だから、「余計な力が入ってるかも?」「なんかうまくいかないな…」と思ったら、体が潰れていないかチェックしてみてください!

まずはお腹を引き上げて背中を意識してから、足の裏を意識してもいいかもしれません。

細い人は、体重が軽いだけでなく軽やかな動きをします。

ガチガチに体を固めず、動けるけど整った状態を目指すのがベストなのではないかと思います。

参考になれば幸いです!

足裏に関するおすすめ記事

扁平足のわたしが足裏のアーチを作ってみた!【写真あり】

2017.03.22

扁平足になってない?足裏アーチを作ったらO脚が解消されて脚がまっすぐに!

2017.03.21

立ち方・歩き方について書いている吉永桃子さんのブログがめちゃくちゃ勉強になる!

2017.03.21

スポンサーリンク

ABOUT

ダイエット・美容ブロガー。 東京に住む25歳。美容と健康、うさぎ、音楽、海外ドラマ、チョコレートが好き。現在は食事改善を中心にダイエット継続中です。 ご質問・ご感想はTwitterやLINE@からいただくと返信が早くなります(*´ω`*) その他お仕事のご依頼などのご連絡はお問い合わせフォームからお願いします!