眠りが浅いのは骨盤前傾・反り腰のせいかも?呼吸を深くして下半身太りも解消する方法

眠りが浅いのは骨盤前傾・反り腰のせいかも?呼吸を深くする方法

こんにちは、ルカ(@RUKAv2)です😊

最近食事改善もそこそこいい感じにやって、筋トレも続けて、と良い感じだったのですが、少し不調が…⚡️

それは眠りが浅いこと。

眠りが浅くなると疲れが取れなくて、なんだか寝た気がしなくて、次の日元気に過ごすことができません😢

良質な睡眠はダイエットに不可欠です。

でも、

ルカ
できることは全部やってるはずなのに…

と思って、何が原因かわかりませんでした💦

これについて自分の体をいろいろ観察してみてわかったことがあったので、同じように「寝ても疲れが取れない…」「寝ても寝た気がしない」と悩んでいる方は、ぜひ読んでみてください😊

眠りが浅くなるのは呼吸が浅いから

眠りが深くなると成長ホルモンが分泌されるようになって、脂肪燃焼・肌や筋肉の細胞の修復にも効果が出てきます👌

一方、眠りが浅くなると、この反対のことが起きます。

つまり、成長ホルモンが正常に分泌されなくなり、脂肪燃焼できないだけでなく、細胞も修復されずに「なんだかイマイチな体」ができあがってしまうのです。

きちんと寝ることができればそれだけで体が良い方向に向かうのに、眠りが浅いままではとてももったいないですよね。

わたしはもともと、不眠症気味というか、自律神経が強くないこともあって、眠りの質も結構変わりやすいんです。

しかし、そんなわたしが「よく眠れていた」と感じていた時があります。

それは、骨盤の位置が安定している時💡

以前脚痩せする立ち方ということで画像付きで説明しましたが、これを集中的にやっていた時は骨盤が安定していて、必要以上に前傾したり反り腰になることもなく、バランスよく保てていました。

この状態になると、呼吸が深くなります。

骨盤は背骨を通じて全身と連動していて、胸郭の動きにも影響を与えます。

骨盤が安定すると胸が開きやすくなり、深呼吸した時にたくさん息を吸えるようになります。

眠りが浅くなるのは、呼吸が浅いからです。

そして、呼吸が浅いのは、体の使い方が間違っているからです。

体の中心位置にある骨盤の位置が安定すると、全身を効率よく使えるようになり、呼吸も深くなって快適な体へと近づきます💓

一瞬で骨盤の状態を確認する方法

今すぐに骨盤の状態を確認する方法があります。

それによって、

  • 体を上手に使えているか?
  • 呼吸が深いかどうか?
  • 痩せやすいかどうか?

がわかります。

では、その方法を説明します😊

2通りあって、一つは寝る方法、もう一つは壁際に立つ方法です。

床にごろんと横になれる状態にある人は、仰向けに寝てみてください。

ベッドなどふわふわしたところではなく、フローリングなど硬い床の方がわかりやすいです💡

脚を伸ばしてリラックスして、仰向けになります。

この時、腰の後ろに隙間は空いていますか?

隙間に手のひらがスッと入るようなら、骨盤の状態はあまり良くありません🙅

反対に手のひらがスッと入らない、指先だけギリギリ入りそうという感じなら、とっても良い状態です💓

壁際に立った時も同じです。

かかとから後頭部まで壁につけて自然に立った状態で、腰の後ろの隙間に手のひらを実際に入れてみて、その隙間がどの程度あるか確認してみてください。

手のひらがスッと入ってしまう人は、下腹の力が抜けています。

そのため、骨盤を上手に支えられなくて、前に反ったり広がったりして(骨盤が大きくなるというより、腰回り全体がボリュームアップするイメージ)、主に下半身が太ってしまいます。

逆にこの下腹の部分がキュッと引き締まって骨盤全体を支えられるようになれば、下半身は簡単に痩せます。

うまくいけば、1週間経たないうちに脚含む下半身全体の見た目が大きく変わったのがわかるはず💓

骨盤周りが整うと自然と体の使い方が変わって、前ももや外ももではなくお尻や太もも裏が使えるようになるというメリットもあって、見た目を大きく変えることができるのです。

余計な筋肉の発達は抑え、お尻や太もも裏といった筋肉を使うことで、バランスの良い体を手に入れられます😊

ここで次に湧いてくる疑問は、「それはわかったけど、じゃあ具体的にどうすればいいの?」「どうやったら骨盤の状態が良くなるの?」ということだと思うので、次でわたしの経験をもとに具体的に説明していきます(ノ)^ω^(ヾ)

骨盤前傾・反り腰を改善する方法

下腹の力が抜けないようにして、骨盤をしっかり支えられるようになれば、骨盤前傾や反り腰を改善することができます。

そうすれば、先ほどもお伝えしたように眠りが深くなるだけでなく、下半身を中心に痩せることができます。

方法は、大きく分けて2つ。どちらの効果が出やすいかは人によります。

まずは1つ目の立ち方に気をつけてみて、ここで安定すればOKですが、極端に筋力不足の人や前ももや外ももに強めに発達している人はバランスを取り戻しにくくなっているので、2つ目のトレーニングもぜひやってみてください💡

ちなみにわたしは極端に筋力不足&前ももと外ももの筋肉が手強いタイプなので、立ち方だけでは安定しませんでした。

トレーニングもあわせてちょこちょこやることで安定しやすくなってきたので、同じような人は両方ともやることをおすすめします😊

方法1.立ち方を改善する

一つ目は、立ち方の改善です。

詳しいやり方は、以下の記事を参考にしてみてください👇

痩せる&大転子を引っ込める立ち方・壁立ちを写真付きで解説◎脚痩せ・下半身太りで悩む人におすすめ

2017.11.06

これだけで変わった!という声を読者の方からいただいたこともあります。

きちんと間違わずにやれば、1回目から体の安定感が増したのを実感できるはずです。

まずはこの方法をやってみて、慣れてきたらトレーニングを追加する、というのでもいいと思います😊

方法2.下腹&腸腰筋を鍛えるトレーニングをする

ずっと立ち方のみで変えられると思っていたわたしですが、決してそうとは言えないという考えに変わりました。

体の癖がなかなか抜けない人は、立ち方だけでなく、より強い刺激を入れる必要があります。

そのためには、確実に効果がある「トレーニング」がいちばん🙆

立ち方とあわせてやることで、より早く正しい体のバランスを取り戻すことができます。

わたし自身、これをやり始めてから、立ち方だけ変えていた時よりも効果が持続するようになりました。

下腹を引き締めて骨盤を安定させるトレーニング方法はたくさんありますが、いろいろ調べてみた結果、一番手軽で続けやすく、かつきつすぎない初心者でもやりやすいトレーニングでおすすめなのが、「ニートゥチェスト」です✨

聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

わかりやすい動画を貼っておきます👇

ポイントは、脚を伸ばす時に息を吸い、脚を引き寄せる時に息をフーッと吐くことです。

これをしっかりやるとよく効いている感じがしますし、10回で

ルカ
き、きつい…!!😭

となります。笑

ニートゥチェストは本当手軽でおすすめなので、ぜひ毎日の習慣にしてみてください。

少しずつでも毎日続けることで、じわじわ変わっていきます💫

骨盤が変わるだけで全身の使い方が変わる

骨盤の状態が変わるだけで、体の使い方が大きく変わります。

それは、わたし自身が強く実感しています。

なかなか痩せない下半身や脚が、これだけで一気に細くなる人もいます。

もともとどれくらいの筋力があるか、支える力があるかで効果のほどは変わるので、立ち方だけやるのか、それともトレーニングもあわせてやるのかは自分で判断してみてください。

眠りが深くなり、さらに体の使い方が上手になって、高いダイエット効果を実感できる人が増えればうれしいです💕

おすすめ関連コンテンツ



ABOUT

ダイエット・美容ブロガー。 東京都内在住の26歳。167cm60kgから52〜53kgに。最終的なゴールは167cm47kg。ダイエット、コスメなど美容と健康に関わることが大好き。食事改善・習慣づけ・立ち方歩き方の改善・ジムでの運動を中心にダイエット継続中。「食べて痩せるダイエット」「挫折しないダイエット」「健康的に綺麗にモデル体型になるダイエット」を追求し発信しています。 ご質問・ご感想はTwitterやLINE@からいただくと返信が早くなります(*´ω`*) その他お仕事のご依頼などのご連絡はお問い合わせフォームからお願いします!