座り方を変えると脚の余計な筋肉が落ちていく

座り方を変えると脚の余計な筋肉が落ちていく

こんにちは、ルカ(@RUKAv2)です😊

最近も日々脚痩せについて考えていろいろなことを試しているのですが、その中でも、座り方と立ち上がり方の改善で脚が細くなることを実感しました。

キックボクシングジムで指導してもらったことで、すぐに習慣として身につけるのは難しいかもしれませんが、脚痩せに悩む人にはぜひチャレンジしてみてほしいです!

特に、以下のような人におすすめの内容です👇

  • 前ももや外ももに筋肉がついている
  • ふくらはぎに筋肉がついている
  • 脚のバランスが良くない
  • たくさん歩くと太ももの前側やふくらはぎが張ってくる
  • むくみやすい
  • 大転子(太ももの付け根部分)が出ている

頑張って食事改善したり運動したりしていても思うように脚が細くならない人は、ぜひ以下の内容を実践してみてください😊

座り方を間違えると屈伸運動になる→脚が太くなる

脚が太い人と細い人の差を考えた時、日常的な体の使い方がヒントになるとずっと考えてきました。

つまり、日常的な動作が上手な人は脚が細くなり、下手な人は太くなるということです💡

脚が細くなる日常動作とは、無駄に筋肉を発達させない動作です。

脚の太い細いは脂肪の量で決まると思われがちです。

たしかに脂肪を減らすことも重要ではありますが、それ以上に筋肉のつき方、体の使い方が脚の形を決め、細さを決めます。

本来使わなくても良い筋肉=太ももの前側や外側、ふくらはぎといった箇所を使いすぎてしまうと、そこが硬くなって発達し、形の悪い脚になってしまいます。

太もも付け根の大転子と呼ばれる部分も外側に出っ張り、パンツやスカートが太ももの付け根で止まるということが起こります。

そうなってしまうと、脂肪云々というよりも、筋肉のつき方を改善しないと脚痩せには大きな効果が出ません。

脚の使い方が間違っていると、いくらウォーキングやランニングをしても思ったような効果が感じられず、がっかりしてしまいます。

マラソンで、ゴールとは真反対の方向に全力で走っているようなものです💦

努力の方向を謝ると、いくら頑張っても結果は出ません。

だから、まずは脚の使い方を覚えることが大事です。

それからウォーキングやランニングといった脚を使う運動を取り入れて行くのが良いです。

脚の使い方を変えるのに、立つ、歩く、座るといった日常動作を変えるのはとても手っ取り早い方法です。

その中でも座り方は非常に重要で、ここが間違っていると無駄に屈伸運動をして太ももの前側や外側を鍛えてしまうことになります。

だから、普通に1日過ごしていても、夜になったら太ももがパンパン…なんてことが起こるわけです。

逆に上手に脚を使えていて余計な筋肉を使わなければ、脚はどんどん細くなります。

座ったり立ったりという何気ない行動を少し工夫して変えるだけで、脚を細くすることができるのです😊

正しい座り方で無駄に脚を鍛えないようにすればいい

では、どのようにしたら脚を無駄に鍛えない座り方ができるのか、具体的に説明していきます💡

イスの座り方と立ち上がり方

まずはイスに座る場合からです。

キックボクシングジムのトレーナーさんに教えてもらったのが、以下の方法です👇

太ももの前側を使わない座り方を教えてもらった💕 股関節から折り曲げて上半身を倒すことで下半身にかかる負担が減って、脚の余計な筋肉を使うことを防いでくれるとのこと😊 普通に生活してるだけで太ももの前側とか外側に疲労感がある人は、座り方に気をつけるだけでも脚が細くなる可能性があるかも💓 わたしもそんな感じで、でもこの立ち上がり方&座り方だと全然負担がなくてラクに動けた! 体の使い方に少し気をつけるだけで脚は太くなったり細くなったりするからほんとに面白い😆😍 #太もも痩せ #太ももやせ #脚痩せ 脚やせ #前もも痩せ #外もも痩せ #座り方 #脚痩せする座り方 #脚が細くなる座り方 #バンゲリングベイ #キックボクシング #キックボクシングジム

亀山ルカさん(@kameyamaruka)がシェアした投稿 –

コツを掴めばいい感じですが、そうではない場合反り腰になって逆に前ももに負担がかかることもあるので、その場合はすぐにやめてください。

ポイントは、股関節から動かすことです。

難しい場合は、イスから立ち上がる時できるだけ脚に負担をかけないよう、机に手をついて腕全体(上半身)に体重をかけて立ち上がるのも良いです👍

下半身よりも上半身を使って立ち上がるイメージです。

次で説明する床の座り方と立ち上がり方に似ているので、そっちで練習して感覚を掴むのもありです😊

何度か試してみて、太ももの前側の筋肉を使っていないか確かめてみてくださいね。

床の座り方と立ち上がり方

今度は床の座り方と立ち上がり方です💡

床バージョンは動画がないのですが、後から撮って追加したいなと思っています。

まず、座る時は、手を床につきます。膝は軽く曲がってても大丈夫です。

そのまま、手の方に体重を乗せたまま、膝を折って床に座ります。

イスの座り方のところで説明したように、上半身に体重を移動させるのがポイントです。

たったこれだけで、脚への負担が減って、余計な筋肉を使う必要がなくなります😊

立ち上がる時も同様に、まず床に手をついてから、軽くジャンプするような感じで座る前の体勢に戻ります。

そのまま背筋を使って立ち上がると、これもまた太ももの前側の筋肉を必要以上に使わずに立ち上がることができます✨

イスでも床でも、上半身を使って座る&立ち上がることを意識してみてくださいね👍

日常動作の中でできるだけ脚の筋肉を使わないようにしよう

クセになって染みついているとわからなくなってしまいがちですが、太ももの前側や外側が発達して太くなっている人は、思っている以上に普段の生活の中で脚の筋肉を使っているはずです。

それに気がつくのがまず大変だし、無駄に発達させないようにするのも大変です💦

これが脚痩せが難しいと言われる一つの理由だと思います。

わたしがキックボクシングジムに通う中で何度も丁寧に指導されていることが、先ほども説明した「上半身を使って動く」ということです。

この感覚を身につけさえすれば、脚への負担が減って軽くなり、同時に細くなっていきます。

難しいと感じる人もいるかもしれませんが、どうやったら脚への負担を減らせるのか、わたし自身が実践して効果があった!と思えたことをまた随時発信していきたいと思います💕

参考になれば嬉しいです!

おすすめ関連記事

 

おすすめ関連コンテンツ



ABOUT

ダイエット・美容ブロガー。 東京都内在住の26歳。167cm60kgから52〜53kgに。最終的なゴールは167cm47kg、華奢だけど筋肉のついたモデル体型が理想。ダイエット、コスメなど美容と健康に関わることが大好き。食事改善・習慣づけ・立ち方歩き方の改善・ジムでの運動を中心にダイエット継続中。「食べて痩せるダイエット」「挫折しないダイエット」「健康的に綺麗にモデル体型になるダイエット」を追求し発信しています。 ご質問・ご感想はTwitterやLINE@からいただくと返信が早くなります。 その他お仕事のご依頼などのご連絡はお問い合わせフォームからお願いします!