ランニング初心者におすすめの本!中野ジェームズ修一さんの「世界一やせる走り方」

ランニング初心者におすすめの本!中野ジェームズ修一さんの「世界一やせる走り方」

こんにちは、ルカ(@RUKAv2)です😊

ついさっき、自宅で筋トレからの朝ランニングしてきました!👟

走ったのいつぶりだろう…ってくらい久々で、早々に疲れましたが、なんとか25分くらいゆっくり走り続けることができました💕

わたしは、ランニングをはじめ、運動経験がほとんどありません。

中学1年生の時にダンス部に所属していたくらいで、他はずっと音楽をやっていて、体を動かすのはもともと全然好きじゃないんです💦

でも、周りの運動している人を見ていたり、憧れの人を見ていると、とてもはつらつとしてて活動的で、尊敬できる部分がたくさんあることに気がつきました。

今までずっと避けていた運動だけど、少しでもこういう人の良いところを吸収できるなら、わたしも真似してやってみよう!と思ったわけです😊

というわけで、まず週2〜3のランニングをしてみることにしました。

また、ランニングを含め運動のことが全然わからないので、一冊何か本を読んでみようと思いました。

そこで本屋さんで手に取ったのが、こちらの本です👇

パッと見た感じ初心者でも抵抗なく読めそうな内容で勉強になりそうだったので、購入してみました💓

実際読んでみて、わたしのようなランニング初心者、ダイエットのためにランニングを考えている人、いままでランニングが続かなかった人におすすめできる本だと感じました😊

「世界一やせる走り方」で参考になった部分

読みながら、「ここためになる!」と思った部分にふせんをつけていったので、その箇所をいくつか紹介したいと思います✨

たった2週間で効果を実感できる!

「体が変わるまではある程度時間がかかる」「3ヶ月あれば効果を実感できる」とはよく言われることですが、こう聞くと

ルカ
3ヶ月経つまで効果ないの…?

と思う人もいるのではないでしょうか?わたしもその一人でした。

でも、「週2〜3のペースでランニングし始めると、2週間もあれば変わる!」とこの本に書いてあって、やる気が増しました✨

中野さんによると、2週間で確実に「体を痩せさせるスイッチは入る」とのこと。

体重や体脂肪率の変化だけが「変化」ではなく、顔色が良い、階段の上り下りがきつくないなど、何かしらの変化を感じ取れるということです。

走っていると、心肺機能が高まります。と書いてあって、無知なわたしは

ルカ
心肺機能って…?

となったのですが、それもちゃんと書いてありました💓親切!!

本によると、

心肺機能とは、酸素を取り込む肺の機能と血液を全身に送り出す心臓の機能のこと。

だそうです。

これを見た瞬間、わたしこれ弱いなあとすぐ思いました。

呼吸が浅かったり、冷えがまだまだ残っているので、心肺機能を向上させたら改善するかな?と楽しみになりました😊

さらに、

脂肪を燃焼させるには酸素が必要で、しっかり体に取り込めれば脂肪を効率的にエネルギーにしてくれます。すると脂肪の消費量がアップ。

つまり心肺機能の向上は、効率よく脂肪を燃焼させるスイッチが入った証なのです。

と書いてあって、ますますやる気が増しました!

小さな変化にも敏感になって、続けるためのモチベーションにしていこうと思います💕

ハイペースで走らなくていい

昔から、速く走れる人ってすごいなあと思っていました。

速く走れるほどいいと思っていたわたしは、

ある程度ラクに走ったときのほうが、脂肪が優先的に消費される

という文章を見てホッとしました💭

運動が激しくなると、脂肪よりもすぐにエネルギーになる糖質を使うモードに切り替わってしまうそうです。

一方、ゆっくり走れば脂肪と糖質が使われる割合は五分五分になります。

ほどほどにちょっときついかな程度で走っていけばいいと思ったら、ランニングのハードルが少し下がりました✨

走っても脚は太くならない

わたしが勘違いして心配していたのがこれ。

中野さんによると、もし「走ったら脚が太くなった」と感じたのなら、原因は次の2つだそうです。

  1. 皮下脂肪が落ちないまま、筋肉がついた
  2. 走った直後、脚が”パンプアップ”している

皮下脂肪を落としたいなら、ある程度は食事を気にした方がいいみたいです。

また、走った直後にふくらはぎが太いと感じるなら、それはパンプアップだから気にしなくていいとのことでした。

あともう一つ、わたしがランニングをして思ったのは、脚を前に出して地面を蹴るというより、脚を引き上げる意識を持った方が、脚の後ろ側とお尻をしっかり使えるということです💡

FEELCYCLEでの体験で教わったことを、ランニングにも応用してみたらいい感じでした💕

前ももや外ももががっちりしてくるのは嫌…という人は、このあたりもぜひ意識してみてください。

筋肉は「貯筋」できる❤︎

これは全然知らなくて、びっくりしました!

じつは筋肉は”貯筋”できます。一度、筋肉を増やすと体に記憶され、数年後に再び筋トレを始めれば、マッスルメモリー(筋肉の記憶)が甦り、筋力を取り戻せるのです。

と書いてありました。

つまり、一度つけた筋肉は、比較的早く取り戻せるということです。

ずっと頑張り続けないといけないと思っていましたが、もしも休んでしまっても、一生懸命コツコツやっていればそれはちゃんと体に蓄積されるんだなと嬉しくなりました.*・。♡゚

走る前のストレッチはいらない

走る前のストレッチは絶対した方がいいと思っていましたが、それも実は違うみたいです💭

ここで言うストレッチとは、反動を使わずターゲットの部位をじっくり伸ばす静的ストレッチのこと。

ウォーミングアップは文字どおり、運動のパフォーマンスが向上するよう血流をよくして体を温めるのが目的ですが、静的ストレッチでは筋肉は十分に温まりません。

むしろ筋温が上がっていない運動前に行うと、筋肉や腱を無理やり引き伸ばして傷つけることになりかねないのです。

というわけで、ストレッチをするなら走った後だけで十分なようです。

ランニング前のストレッチは必須!と思っていたわたしにとって、これもランニングに対するハードルを下げてくれる内容でした😊

いろいろとやることが多いと疲れてしまうので、走った後にしっかり伸ばすだけでいいと思ったら気がラクになりました。

シューズ選びは大事

中野さんによると、シューズ選びはとっても大事だそうです。

ベストシューズを選ぶ時のポイントは、

履いたときに「あ、足が包まれている!」と感じるかどうか。

だそうです💡

わたしは以前ウォーキング用の靴を買ったのですが、きちんとしたランニング用ではないため、来月見に行ってこようかなあと思っているところです。

てきとうなスニーカーやおしゃれに見せる用のスニーカーで走ると、体を痛める原因にもなります⚡️

ランニング用で、自分に合った靴で走るととても気持ちよく走れるみたいなので、わたしも探しに行ってみます😊

走ることをイベントではなく習慣にする

p.76の「週に何回走れば、世界一やせるのか」という項目で、うんうんと思ったところがありました。

重要なのは誰かに決められた回数をこなすことではなく、あなたが習慣化できるかどうかです。

これはランニングだけでなく、食事など他のことにも当てはまるなあと思いました。

また、

走ることを“イベント”ではなく”習慣”にする。それが成功した瞬間、体に強力な「やせスイッチ」が入るのです。

の部分にも非常に納得しました。

こちらの本では、「絶対これ!」という感じではなく、それぞれ個人に合わせて選択肢を増やしてくれるような印象があったので、習慣化するために自分なりに工夫してやっていけそうだと思えます👌

走る前に筋トレするのがおすすめ

これはよく言われることですが、その理由まで知ったのは今回が初めてでした。

理由は、以下の分泌量が増えるからです💡

  1. 成長ホルモン
  2. ノルアドレナリン

成長ホルモンは組織や細胞の成長に関わる働きをしますが、近年では脂肪の分解にも関与していると言われるようになりました。

また、ノルアドレナリンは、脂肪分解の役割を担う酵素の「リパーゼ」を活性化させる物質だそうです💫

この2つが分泌されつつ走った方が、脂肪燃焼効率は高まるとのことでした😊

少しずつでいいから習慣にすることが目標!

中野さんの本は、ランニング初心者に特におすすめです。

すごく読みやすくて、難しい内容もなくて、何より初心者でもやれそう・頑張れそうと思わせてくれます\( ˆ ˆ )/✨

「まずは自分なりに少しずつやってみれば大丈夫」という感じで、運動が苦手な人でもやれそう!と思える内容でした💕

これからランニングを始めてみようと考えている人は、ぜひ読んでみてください😊

おすすめ関連コンテンツ



ABOUT

ダイエット・美容ブロガー。 東京都内在住の26歳。167cm60kgから52〜53kgに。最終的なゴールは167cm47kg。ダイエット、コスメなど美容と健康に関わることが大好き。食事改善・習慣づけ・立ち方歩き方の改善・ジムでの運動を中心にダイエット継続中。「食べて痩せるダイエット」「挫折しないダイエット」「健康的に綺麗にモデル体型になるダイエット」を追求し発信しています。 ご質問・ご感想はTwitterやLINE@からいただくと返信が早くなります(*´ω`*) その他お仕事のご依頼などのご連絡はお問い合わせフォームからお願いします!