骨盤を立てるだけでは足りない。肋骨を上手に乗せて「正しい姿勢」を作ろう!

骨盤を立てるだけでは足りない

スポンサーリンク

最近、朝起きると湿気で髪が広がっていて「もう!」となる毎日(´;ω;`)

早く梅雨終わって夏っぽい日がこないかなーと待ちわびています…🌤

さて、今回は、骨盤と肋骨に関するお話です!

よく、「骨盤を立てなさい」と言いますよね。

姿勢を良くするのにも、痩せやすい体を作るためにも、骨盤を立てることはとても大事だと言われます。

「正しい姿勢、良い姿勢を作りましょう」と言われても、「???」となる人が多いのではないでしょうか?

その中で、骨盤を立てるという具体的なアドバイスは、非常に参考になります。

しかし、わたしはこれだけでは足りないと思っています。

骨盤を立てるだけでは、正しい姿勢の50%しか達成できていません。

そこに「肋骨を上手に乗せる」ということが加わって、やっと100%正しい姿勢になるのです。

わたしは解剖学に詳しくもないし、トレーナーでもないですが、自分の体で何度も繰り返して試して、鏡を見つめて、最近やっとこのことに気がつきました。

  • 食事を変えても思ったような効果が出ない人
  • 効果が出るのが遅い人
  • ずっと座っていたり立ちっぱなしでいたりすると脚がむくんでくる人

以上のような人は、体がうまく機能していない可能性があります。

骨盤と肋骨について見直し、体の機能を取り戻していきましょう😊

骨盤の傾きと肋骨のバランスが鍵

まず、いろいろなところで言われている通り、骨盤は立てるのが正解です。

下腹がぽっこり出ている人は、その下腹を引っ込めるように骨盤を若干後傾させてみましょう。

お尻や太ももの裏に余計な脂肪がつきやすい人は、特に前傾していることが多いです。

肛門を締めるようなつもりで、骨盤をキュッと立ててみてください。

次に、肋骨です。

骨盤を立てることだけに注目してしまうと、上半身が疎かになりますが、上半身こそとても大事な部分なのです。

上半身が綺麗に骨盤の上に乗らないと、うまく呼吸ができず、バランスも取れず、機能は低下したままです。

肋骨を含め上半身全体が綺麗に骨盤の上に乗ると、姿勢を良くしようとしなくても自然と背中がピシッと伸び、美しいシルエットに近づきます。

ここで、モデルさんの写真を見てみましょう!

少し鍛えている人の方がわかりやすいので、ローラさんと道端三姉妹さんの体型を参考にさせていただきました。

まず、ローラさん!

ローラの肋骨

お腹が薄く、肋骨が綺麗に引き上がっている

◯を付けた部分に注目してください。

お腹が薄く、上半身が綺麗に引き上がり、全身のバランスが非常に良いです。

スタイル抜群💕

こちらは道端三姉妹さん。

道端三姉妹の肋骨

みんな肋骨が上に引き上がり、お腹が薄くて綺麗!

3人ともローラさん同様お腹が薄く、肋骨も上がって美しいスタイルです。

このように、みんな肋骨が上に上がり、上半身が引き上がり、お腹が薄いのがわかります。

わたしはずっと前から「モデルさんってみんな肋骨がグッと上に上がってて、その分お腹が凹んでて、とても良いバランスをしているなあ」と思っていました。

そして、「じゃあこの状態を真似して、それが習慣になって、自然とできるようになるまでやればいいんだ!」と思ったんです。

体の使い方が変われば、モデル体型に近づくことも夢ではありません。

また、わたしもそうだったのですが、今まで機能がかなり低下していた人は、背中に結構違和感を感じるかもしれません。

でも「これが『姿勢が良い』ってことなのか!!」と実感できるかと思います。

やり方を説明します。

まず肋骨を触りながら、肋骨が大きく開いたり閉じたりすることを意識して、鼻から吸って口から吐く要領で深呼吸します。

それに慣れたら、骨盤を立てるようにして、下腹を凹ませ、肋骨を引き上げるようにします。

ウエストはほそーくして、肋骨をどんどん上に引き上げるイメージです。

形を作れたら、さらに肋骨を開いたり閉じたりしながら深呼吸します。

その時、吐く時は自然とお腹が凹むと思いますが、吸う時もお腹を凹ましたままを意識します。

お腹に強く力を入れているから凹むというよりは、肋骨を引き上げた結果お腹が薄くなっているという状態を目指して、そのまま深呼吸します。

わたしはこれを気がついた時にやるようにしています。

カフェで座っている時も、電車で立っている時も、いつでもできます。

これを書いている今も、しっかり意識しています。笑

まとめると、肋骨を引き上げてお腹を薄くした状態で肋骨を中心に深呼吸するという感じですね。

お腹を薄くするところで自然と骨盤も立った形になると思うので、最初の骨盤を立てる時は、その感覚を確認する感じでやってみてください。

また、吐く時は、意識できる人は、肋骨だけでなく骨盤底筋群も意識できるとなお良いです。

吐く時にお尻を軽く締めるようなイメージです。

慣れるまで大変かと思いますが、ぜひやってみてください!

骨盤と肋骨を意識できるようになって実感した変化

このやり方でわたしが実感したことはこんな感じです。

  • 脚がむくみにくくなった
  • シルエットがものすごい変わった
  • バストアップしたように見える(アンダーバストが引き締まる)
  • お腹が薄く細くなる
  • 息を吐く時、自然とお腹が凹むようになる

また、姿勢を正すということの本当の意味がわかります。

姿勢を良くすると言うと、腰を反らせたり背中をやみくもに伸ばしたり胸を張ったりする人が多いですが、このやり方だとインナーマッスルを強く意識して体のバランスを取り戻すことができるので、腰も胸も意識する必要がないんです。

唯一、わたしは背中が硬いのか、お腹を凹ませ肋骨を意識して呼吸すると違和感がありましたが、最初に比べたらだいぶ違和感が減りました。

肋骨を意識して呼吸すると、肋骨の間にある肋骨筋が柔軟になってくるそうです。

ここからはわたしの憶測ですが、姿勢のバランスが崩れたりストレスを受けたりして肋骨筋が硬くなる→肋骨が前に落ちてくる→呼吸がしにくくなりむくみやすくなる、の流れなのではないかと思いました。

逆に、肋骨筋の動きを良くする→バランスが取りやすくなり背中も伸ばしやすくなる→全体の姿勢のバランスが整ってくる、の流れを作れば、痩せやすい体を作ることができると予測しています。

あ、あと、このやり方の注意点は、肩を上げないことです。

つい深呼吸を頑張りすぎて肩が上がってしまう人もいると思うので、気がついたら肩をストンと下ろし、リラックスした状態でやってみてくださいね。

正しい姿勢を作る時は、見た目だけを整えたりアウターマッスルを使ったりするのではなく、体の内側から機能を改善していくイメージ、インナーマッスルを働かせるイメージで取り組みましょう。

また変化があったりしたら書きます!

説明も、これだけだとなかなかわかりにくいと思うので、また書いていきます。

少しでも参考になれば嬉しいです😊💕

姿勢に関するおすすめ記事

スクワットのやり方を少し変えただけで、脚痩せ効果がまったく変わってくる!

2017.03.11

太ももの前側が張っている人は、膝を伸ばしすぎてるのが原因かも?

2016.12.19

ルカルカダイエットの3大キーワードは「習慣・食事・使い方」!

2017.06.07

 

スポンサーリンク

ABOUT

ダイエット・美容ブロガー。 東京に住む25歳。美容と健康、うさぎ、音楽、海外ドラマ、チョコレートが好き。現在は食事改善を中心にダイエット継続中です。 ご質問・ご感想はTwitterやLINE@からいただくと返信が早くなります(*´ω`*) その他お仕事のご依頼などのご連絡はお問い合わせフォームからお願いします!