内転筋を「鍛える」ことと「使える」ようになることは別!

スポンサーリンク

太ももを細くするためには、内もも=内転筋を鍛えると効果的!と言いますよね。

でもわたしは、それには少し疑問を感じます🌀

なぜなら、内転筋を「鍛える」ことと「使える」ようになることは、別物だと思うからです。

まず使えるようになってからこそ、鍛える意味があると考えています😕

内転筋を使えていないのに鍛えることの効率の悪さ

鍛えることと使えるようになること、これは一緒のこともあれば、別のこともあります。

ジムのトレーナーさんによっては、使えるようにしたい筋肉を考えながら指導してくれることもありますが、そうでないこともよくあります。

むしろそうでないことの方が多い気もします…💦

そもそも、外側重心で体の内側を使う感覚がわかっていない人が、内転筋に焦点を当てて鍛えようとするのは、何かが違う気がするんです。

モデルさんがよく内転筋を鍛えるエクササイズで引き締まったと言っていますが、普段から外側重心の人は外側の筋肉を意識するようになってしまっているので、同じような効果は得られにくいと考えます。

外側に筋肉が張っている人は、脚がねじれていたり、脚を細くするために使いたい筋肉を使えなくなってしまっています。

普段の生活の中で使えなくなっているものを急に鍛えようとするのは、無理があると思うわけです。

基本ができてないのに、応用に取り組もうとしているイメージです。

実際わたしも、内転筋を鍛えるエクササイズを継続して行ったことがありますが、思うような効果は出ませんでした😭

そして体の使い方に注目するようになって、「鍛える以前に使い方がわかってなかったから、思うようにできなかったのかも?」と考えるようになりました。

まずは体の感覚というか、使い方をとにかく矯正して、それから仕上げのために鍛えるという行為をする方が、効率が良いのです。

内転筋を使えるようになるおすすめの方法

内転筋を使えるようになるというのは、つまり、体の中心側や内側を使えるようになるということだとわたしは考えています。

では、どうしたら中心側や内側を意識視しやすくなるのか?

自分なりにいろいろ考えてみました。

ジャイロトニックやジャイロキネシスの動きをヒントに考えていると先日の記事でお伝えしたのですが、その中で「これいいかも!」と思うものがあったので、紹介します✨

食事改善でダイエットはできるけど、体の形を変えたいなら体の使い方も同じくらい重要!

2017.07.10

ジャイロトニックで仰向けにマシンに寝て脚を引っ掛けて動かすというものがあるのですが、それをすると、体の中心を意識できているのがわかるんです。

マシンはないので、それを自宅でやるとすると、こんな感じになります👇

①仰向けに寝て、脚を上げます。辛い人は壁に脚をかける感じでもいいです。

こんな感じです!

ヨガジェネレーションさんからお借りしました)

②足先を90度に開き、脚をくっつけて膝を伸ばし、内ももの根元に力を込められるくらいギュッと内側に寄せます。

③鼻から息を吸い、口から吐きながら、肋骨を締めるようにします。

④肛門を軽く締めるようにします。

⑤内ももの力が緩んでいないかどうか確認し、3箇所を意識した状態で10秒キープします。

①〜⑤を3セット、朝起きた時と夜寝る前にやります。

③と④は同時にやっても大丈夫です。

これをすると、立った時に体の中心を意識できているのがわかります💡

歩きやすくなり、なんとなく内ももを使えている感覚がわかってきます。

ジャイロトニックをヒントに自分で考えた方法なので、万人に合うかはわかりませんが、今まで試した方法の中では一番効きました。

また、この方法の良いところは、寝てやれるところです💕

楽なだけでなく、重力から解放されて、脚のねじれが解消しやすく、より中心を意識しやすくなります。

例えば、立ったまま内ももを意識する方法もありますが、立った状態だと重力がかかり、脚がまっすぐにならない(ねじれが残った)まま力を込めることになるので、なかなかうまくいきません。

リラックスして寝て脚が解放された状態だと、空中にあるため、脚をまっすぐにしやすく、内ももを意識しやすくなります。

太ももの前側や外側が張っている人、太もも付け根の大転子が外に出っ張っている人は、ぜひ試してみてください!

あと、くれぐれも腰を痛めたり脚をどこかにぶつけたりしないよう、下にクッションを敷いたり、ベッドの上でやったり壁を使ったり、気をつけて行ってくださいね👌

体の変化に関しても、痛めたり辛くなったりするようならやめてください。

自分の体を慎重に観察しながらやってみてくださいね😊

内ももだけを細くするのではなく、太もも全体を細くしよう!

多くの女性は、内ももを細くするだけでなく、太もも全体を細くしたいはずです。わたしもそうです。

それなら、内転筋を鍛える前に、体の軸を中心側にして、太もも全体を細くしていきましょう。

体の重心が外側にぶれているから太くなり、安定感がなくなるんです🌀

…と言っているわたしもまだまだ外側重心なので、ジャイロトニックをはじめ先ほどの方法を試しながら、他の方法も模索して、太もも全体を細くしていきたいと思います。

また良いやり方を思いついたら書きます!

これから本格的に露出する季節、より一層自分の体を大切にして磨いて、自信を持って過ごしてくださいね(ノ)^ω^(ヾ)

脚痩せに関するおすすめ記事

食生活改善で下半身が痩せた!脚痩せしたいなら、まずは食事を改めよう

2017.08.23

骨盤を立てるだけでは足りない。肋骨を上手に乗せて「正しい姿勢」を作ろう!

2017.07.02

ルカルカダイエットの3大キーワードは「習慣・食事・使い方」!

2017.06.07

 

スポンサーリンク

ABOUT

ダイエット・美容ブロガー。 東京に住む25歳。美容と健康、うさぎ、音楽、海外ドラマ、チョコレートが好き。現在は食事改善を中心にダイエット継続中です。 ご質問・ご感想はTwitterやLINE@からいただくと返信が早くなります(*´ω`*) その他お仕事のご依頼などのご連絡はお問い合わせフォームからお願いします!