脚痩せしたいならヒールよりペタンコ靴を履くべき

脚痩せしたいならヒールよりペタンコ靴

スポンサーリンク

こんにちは!ルカ(@RUKAv2)です💓

食事改善と合わせて立ち方を徹底的に見直したら、脚の筋肉のつき方がいい感じになってきました。

太ももの前側&外側、ふくらはぎが少しすっきりしてきて、その代わりお尻やお腹の奥の筋肉の大腰筋を使えるようになってきたみたいで、腰幅が狭くなりました✨

それと同時に、ヒールより断然ペタンコ靴やスニーカーを履いた方が楽な体になってきたんです。

「ヒールの方が楽」は危険

わたしは前、ヒールを履いていた方が楽だと感じていました。

ペタンコ靴やスニーカーを履くと足首や足の裏が引きつるように痛くなったりして、「ヒール履いてた方がいいや」と思っていました。

でもそれって、結局悪い状態をもっと悪い状態にしているだけなんですよね😢

ヒールが体にいいはずありません。

もちろんたまに履いてふくらはぎや太ももの筋肉を意識するのはいいかもしれないけど、ずっと履きっぱなしだったらそのまま余計な筋肉が発達してしまいます。

ヒールを履くと、どうしても太ももの前側や外側が張りやすくなったり、腰が反ったりします。

もとの状態を維持する筋肉がしっかりついていればヒールを履いても多少は大丈夫かもしれませんが、長時間履いていると確実に悪影響です⚡️

実際、体型を保たなければいけないモデルさんなどは、普段はペタンコ靴やスニーカーしか履かないそうです。

ヒールを履くのは仕事の時だけという人も多いらしいです。

とにかく、今もしあなたが「ヒールを履いてる方が楽なんだけど…」という状態なら、それは危険信号だと思ってください。

ヒールなしで快適なのが本来の体の状態です。

ヒールはあくまでも「綺麗に見せてくれるもの」

「でもヒール履くと脚綺麗に見えるよ」という人もいると思います。

その通りです。たしかにヒールを履くと脚が長く見えたり、綺麗に細く見えたりしますよね。

しかし、ヒールはあくまでも綺麗に見せてくれるものであって、脚を綺麗にしてくれるものではありません。

どうせヒールを履くなら、脚を本当に綺麗な状態にしてから履いてみたいと思いませんか?

わたしはそう思って、「ヒールなしでも綺麗な脚になろう!」と決めました。

それからいろいろ悩みましたが、結論としては、普段の体の使い方や立ち方、歩き方などの日常動作を変えることによって、脚の形や細さを変えられることに気がつきました。

まずは勇気を持ってヒールをやめて体の使い方を変え、筋肉のバランスが良くなってきたところで履き始めるのがおすすめです。

筋肉バランスが良くなってくると履きたいものが変わる

立ち方や歩き方を変えると、だんだんと筋肉のつき方が変わってきて、お尻や大腰筋などの引き締めたいところが引き締まってきます。

太ももの前側や外側、ふくらはぎといった発達して欲しくない筋肉は細くなり、すらっとした脚に近づいていきます。

そうすると、ヒールを履くことがつらいと感じるようになります。

ヒールを履くとすぐ疲れてきたり、ペタンコ靴の方が楽と思えるようになります。

そうしたらもう脚痩せは成功したも同然です💓

脚の筋肉のバランスが正常に近づいてきたということなので、ペタンコ靴やスニーカーを多めに履くようにして、ヒールはここぞという時に履くといいです。

脚を本当に綺麗に細くしたい場合は、ヒールじゃなくてペタンコ靴!と覚えておいてくださいね👟

ヒールはたまに楽しむものにして、ヒールなしでも綺麗な脚を手に入れましょう😊💓

 

 

スポンサーリンク

ABOUT

ダイエット・美容ブロガー。 東京に住む25歳。美容と健康、うさぎ、音楽、海外ドラマ、チョコレートが好き。現在は食事改善を中心にダイエット継続中です。 ご質問・ご感想はTwitterやLINE@からいただくと返信が早くなります(*´ω`*) その他お仕事のご依頼などのご連絡はお問い合わせフォームからお願いします!