脚の筋肉太りを解消して細くする方法

脚の筋肉太りを解消して細くする方法

こんにちは、ルカ(@RUKAv2)です😊

わたしのダイエットの一番の課題は、脚痩せです。

脚はただ脂肪を減らすだけでも細くはなるけど、おそらく多くの女の子が憧れるであろう細くてすらっとしたまっすぐな脚というのは、一筋縄では手に入れられないものです。

ちなみにわたしはこんな脚が大好物です💓

理想の体型 理想の体型 理想の体型 理想の体型

「パーソナルジムに通っても、脚だけは細くならなかった(あまり変わらなかった)」という口コミをちらほら見るのは、脚痩せが食事と普通の運動だけではどうにもならない部分がある、ということを示しています。

では、脚をどこまで細くできるか?綺麗にできるか?というのは、遺伝によるものなのでしょうか?

もともと生まれ持ったものに左右されてしまうのでしょうか?

わたしは、そうは思いません。

なぜなら、脚が太い→細くなる(脚の形も変わった)→脚が太くなる→細くなってきた…?という体験をしているからです。

脚は、工夫次第で太くもなるし、細くもなります。

唯一骨の長さだけは変えることはなかなか難しいですが、股関節が綺麗に骨盤に収まって、使うべき関節や骨、筋肉をバランスよく使えるようになれば、最大限長くすらっと見せることも十分可能です。

そこで今回は、今出てきた「筋肉」について焦点を当ててお話していきます。

女性は筋肉太りにはならないから思う存分運動してもいい?

筋肉太りについては、様々な意見があります。

「女性は筋肉太りにはならないから、どんどん運動すればいい」なんて意見もありますが、これは半分当たってて、半分外れています。

なぜなら、たしかに「筋肉がつきすぎる」ことは女性はなかなかないけれど、「筋肉のつき方のバランスが悪くなる」ことは起こり得るからです。

例えば、太ももの前側や外側の筋肉が張っていたり、ふくらはぎに力を入れるとボコッと筋肉の塊が現れたり、思い当たる人も多いのではないでしょうか?

これらは、わたしの経験上ではありますが、いくら食事の内容と質を調整してひたすら運動しても、完全には解消できません。

もちろん筋肉の他に脂肪もついているはずなので、脂肪を落とす=食事と運動で変わりはしますが、それだけで十分に痩せた、脚が細くなったと感じることは難しいでしょう。

このような、太ももの前側や外側が盛り上がって太い人、ふくらはぎの筋肉が張っている人に運動を進めても、あまり良いことはないと感じます。

以上のような箇所が太い人は、脚全体の使い方が間違っています。

だから余計なところに筋肉がつき、脚の動きをサポートしようとしてしまうのです。

女性でも、筋肉太りは十分にあります。

男性から見たら「筋肉太りになりそうなんて甘えたこと言ってないで運動しろ」と思われることもあるかもしれませんが、そもそも女性は妊娠や出産などの関係で骨盤が広がりやすく、下半身が不安定です。

だからこそ下半身太りになる人が多く、脚の使い方をいつのまにか間違えたまま日常生活を送ってしまい、いつまで経っても余計な筋肉を落とせないまま過ごします。

よって「女性は筋肉太りにならないか?」という質問については、「筋肉のつきすぎによる筋肉太りはなかなか起こりにくいけれど、筋肉のつき方のバランスが悪くなることによる筋肉太りは十分に起こり得る」という回答が正しいとわたしは思っています。

脚の筋肉太りを解消する具体的な方法(太もも前側・外側・ふくらはぎ)

では、どのようにしたら脚の筋肉太りを解消することができるのか、おすすめの方法をお伝えします。

お金も時間もほとんどかからず家でできるので、ぜひやってみてくださいね。

まず、脚に余計な筋肉がついてしまう理由は、脚の間違った使い方をサポートしようとするからだとお伝えしました。

ということは、余計な筋肉を落とすためには、脚の使い方を改善すればいいわけです。

この時、もっとも重要となるのは、脚の付け根、つまり股関節です。

股関節がうまく使えていないから、その周り(=太ももの前側や外側)を覆うように筋肉がつき、逆にお尻や裏ももといった脚痩せに重要な筋肉が使えなくなります。

股関節を意識して使えるようになれば、もうサポートしなくてよくなった太ももの前側や外側の筋肉は落ち、すらりとした脚に近づきます。

股関節を使えるようになるコツは、簡単です。

まず、ヒップヒンジという動きをやってみてください。

筋トレやストレッチというよりは、ただひたすら股関節に焦点を当てて体を動かす練習、という感じです。

具体的なやり方については、以下の投稿が参考になるのでぜひ見てみてください。

Qpuという小顔サロンの猪瀬悠希さんもヒップヒンジの動きをTwitterに投稿されています。

厳密にヒップヒンジの動きをしなくても、体を股関節から折りたたむ感覚を身につけられればOKです✨

この時、骨盤を前傾させるような感じになりますが、お腹の力を完全に抜かず、かるーく力を入れておく感じを意識した方がいいです。

というより、骨盤を前傾させる意識は持たずに、ひたすら股関節から体を折る意識を強く持った方がいいです。

股関節から折りたたもうとしたら結果的に骨盤が前傾してた、というイメージです。

股関節から折りたたむのがよくわからなければ、股関節のすぐ下に指を揃えて置いて、その指を股関節に挟みこむような感じで体を折るといい感じになります😊

わたしも最初の頃はよくわからなくてなんとなくやってましたが、ちゃんと股関節のところに指を置いて折りたたむようにしたら、だんだん股関節を使うという意味がわかってきました。

そして、股関節を意識できるようになったら、あらゆる筋トレやエクササイズのやり方が変わってくることに気がついたんです…!

(股関節股関節うるさくてすみません汗)

股関節を意識できるようになってやってみたエクササイズでよさそうだったものをいくつか挙げます👇

  • 足パカ
  • ワイドスクワット
  • 前屈や開脚のストレッチ

どれも聞いたことがあるものだと思いますが、股関節を意識してできるかできないかで、結果が大きく変わってくると実感しました💡

おそらく、上記のエクササイズで脚が細くなった人は、股関節を無意識のうちに使えていたのだと思います。

同じエクササイズでも、少しのコツで効果がまったく変わってきます。

股関節から体を折る、使うという感覚をつかめれば、上記のどれをやっても脚が細くなります。

実際わたしは、股関節を使う感覚をつかめてから上記3つをやったら、今までとは全然違ったやり方・感覚になることに気がつきました。

本当に、股関節というたった一つのキーワードだけでこんなに動きが変わるものなのかと衝撃でした⚡

太もも前側や外側が張っている人は、最初股関節から動く感覚がわかりにくいと思います。

しかし集中してやっているうちに、「あれ?こういうことかな?」とわかってきます。

ちなみに、ヒップヒンジなど股関節を意識する動きは、たくさんやる必要はありません。

それよりも、体の使い方を改善するつもりで、ゆっくり動いて感覚を確かめた方がいいです。

太もも前側や外側がすっきりしてくると、ふくらはぎも何もしなくても細くなってきます。

ボコッと不自然に膨らんでいた部分がなくなってきて、華奢なイメージに近づいてきます。

「筋肉を落とすためには、筋肉を使わなければいい」のですが、わたしはずっとこれの意味を勘違いしていて、ただ力を抜いて立ったり歩いたりしていればいいと思っていたのですが、そうではないとわかりました。

筋肉が余計についている部分は、うまく股関節=骨から使えるようになれば筋肉のサポートがいらなくなります。

そのことを考えながら、股関節の動きを向上させていってください。

それが脚が細くなることに繋がります😊

脚の筋肉太りにマッサージは有効?

脚の筋肉太りを解消するために、マッサージをする人も多いと思います。

しかし、マッサージは体の使い方が上手な人がやってこそ、効果を発揮するものです。

股関節が使えていない、脚の使い方が下手な状態でひたすらマッサージをやっても、残念ながら効果は薄いです。(体験談から)

わたしも痛くなるほど、あざができるほどマッサージをしたことがありますが、その痛さに反して効果は???という程度でした。

もちろんやらないよりやった方が脚には良いと思いますが、優先してやるべきは体の使い方の改善です。

それをメインにして、マッサージも時々やって、という感じで十分です。

痛いくらいにやるマッサージはおすすめしないので、マッサージの前にやるべきことがないか考えてみてくださいね。

脚は細くできるし、形も変えられる

脚は遺伝、もともと太いから細くはできない…そんな風に思っている人にこそ、脚痩せにチャレンジしてほしいです。

わたし自身、太い時も細い時も両方経験して、この違いはなんだろう?何が脚の細さを決めるんだろう?とずっと考えていました。

そして、「脚は細くできる」「形も変えることができる」「自分が納得いく脚を目指して、それを手に入れることができる」という結論にたどり着きました。

完全に達成したわけではないですが、その糸口を見つけて実際いい感じなので、わたしもこのまま続けてみたいと思います。

脚が細い人に「なんで細いの?」と聞いても、その人は脚の使い方がもともと上手だから、どうしてかなんてことを意識できないし、ましてや説明もできません。

だから、脚が細い人から答えが得られずに、「やっぱりもともと細いから仕方ないのか…」と脚が太い人は諦めてしまうのだと思います。

わたしは幸か不幸か両方の立場を経験しているので、それを決定的に分ける何かがきっとあるはずだと思って諦めずにいられました。

今脚が太くて悩んでいる人には諦めてほしくないし、遺伝だとも思ってほしくはありません。

脚が細かったら。

あの子みたいな細くて綺麗な脚を手に入れられたら。

どんな服もおしゃれに着こなせたら。

自信を持って写真を撮ってもらえるようになったら。

「こうだったらいいのに」と何度も何度も思いました。

きっと同じように悩む女の子は多いのではないかと思います。

そんな女の子のお手伝いが少しでもできるように、自分の体を実験台にしながらわたしも頑張っていきたいと思います😊💓

おすすめ関連コンテンツ



ABOUT

ダイエット・美容ブロガー。 東京都内在住の26歳。167cm60kgから52〜53kgに。最終的なゴールは167cm47kg、華奢だけど筋肉のついたモデル体型が理想。ダイエット、コスメなど美容と健康に関わることが大好き。食事改善・習慣づけ・立ち方歩き方の改善・ジムでの運動を中心にダイエット継続中。「食べて痩せるダイエット」「挫折しないダイエット」「健康的に綺麗にモデル体型になるダイエット」を追求し発信しています。 ご質問・ご感想はTwitterやLINE@からいただくと返信が早くなります。 その他お仕事のご依頼などのご連絡はお問い合わせフォームからお願いします!