太もも前側が硬い&張る原因と対処法。スラッとした脚を手に入れる!

太もも前側が硬い&張る原因と対処法。スラッとした脚を手に入れる!

こんにちは、ルカ(@RUKAv2)です😊

最近、久々に太もも前側が張って、変に負荷がかかっている気がして、すごく困っていました…

前側が張ると、同時にお尻や太ももの後ろ側といった裏側が使えなくなってぷよぷよしてくるのがわかるんですよね💦

そこで、いろいろ気をつけてるはずだけど、なんでだろう?と考えて対処してみたら、ひとまず張り感からは解消されました💡

他にも、今まで何度か別の原因で太ももの前側が張ったことがあったので、思いつく原因&対処法をすべて書いていきます!

太ももの前側だけでなく、外側が張って困っている人も、ぜひ読んでみてください✨

太ももの前側や外側が張る原因&対処法

わたしの経験上、太ももの前側や外側が張る場合には、以下のような原因がありました。

対処法とともに載せておきます💡

歩き方が前のめりになっている

これはわたしが一番始めに直そうと頑張ったことです。

急いで歩いていたり、高いヒールを履いてカツカツ歩いている女性をよく見かけますが、そういう人は必ずと言っていいほど太ももの前側の筋肉が発達してしまっています。

綺麗に脚全体を使って歩けていればまだいいのですが、膝を曲げてカツカツ歩いていると、常に太もも前側で体重を受け止めることになります。

そうなると、太ももはどんどん太くなってしまいます…💦

階段を登る時も同じです。

前のめりになっていつのまにか太ももの前側に体重がかかりすぎていないか、ぜひチェックしてみてください。

その場合には、上半身を下半身の上にしっかり乗せる意識を持って、前のめりになりすぎないよう静かに歩く練習をすると、脚への負担が減っていきます。

上半身が後ろに倒れている

今度は、脚だけが前に進もうとしてしまっている場合です。

先ほどは前のめりはダメとお伝えしたのですが、かといって上半身を後ろに持って来すぎると、太ももの前側が最初に前に来て歩いてしまうことになります。

大げさに言うと、お腹を突き出して歩いている状態です⚡

こうなると、一番最初に前に来るのが太ももで、そこに後から上半身がついてくるようになるので、脚に負担がかかりやすいんです。

今回わたしが太もも前側の張りを感じたのも、これが原因でした💦

この場合は、少しだけ上半身を前に持ってくるような意識で歩くと、張りが解消されます。

脚から歩くのではなく、頭と同時か頭が少し前に出るくらいの勢いでサッサッと歩くと、脚に負担がかかることがありません。

前のめりもダメ、後ろ過ぎもダメとちょっと難しいですが、何度か意識して歩いてみると、脚に負担のかかりにくい歩き方が掴めてくると思うので、太もも前側が張ってしまった場合にはまず歩き方に注目してみてください💡

ヒールばかり履いている

ヒールって、すごく可愛いし脚も綺麗に見えていい感じですよね😊

でも、今までも何度か書いてきていますが、ずっとヒールを履いているとふくらはぎが張ったり、歩きにくくなっていつのまにか良くない歩き方(上記2つのような)になってしまうことがあります。

そのため、太もも前側や外側が張ることが多いです。

だから、わたし個人の感想としては、ヒール3:ぺたんこ靴(スニーカー)7くらいの割合で履くのがベストかな??と思っています。

ヒールはおしゃれを楽しみ、背筋をピンと伸ばしたい時、ぺたんこ靴はしっかり歩きたい時に履きます。

反り腰・骨盤前傾になっている

太ももとなると脚の問題だと考えてしまいがちですが、実は反り腰や骨盤前傾といった、上半身の方に問題があることも多いです💡

腰が反ってお腹が出ていると、骨盤下の太もも付け根の横の出っ張り(大転子という)が外に出てきてしまったり、太ももが必要以上に太くなったりします。

わたしもまさにこれで、今もまだ名残がありますが、食事に気をつけたり、立ち方歩き方に気をつけることでだいぶ解消されてきました😊

脂肪が減ってくると筋肉を使いやすく&意識しやすくなってくるので、まずは食事(できれば運動)で脂肪を落としつつ、立ち方歩き方にできるだけ気をつけて過ごして、改善を図るのが良いかと思います。

脚を細くしたいときにまずするべきこと

太もも前側や外側の硬さや張りを取ることを含め、きっとこれを読んでいる方は脚全体を細くしたい人がほとんどだと思います。

スラッと細い脚はすごく綺麗ですし、街を歩いていても脚が綺麗な人を見かけると見とれてしまいます😍

わたしも脚を細くすべく奮闘中ですが、以前よりはだいぶ変わってきて、自分の脚が好きになってきました💓

ダイエットビフォーアフター

ダイエットビフォーアフター(-8kg)

そうやって脚痩せに取り組む中、わかったことをいくつかお伝えします。

まずは脂肪を落とすだけでもだいぶ変わる

わたしは以前、まずは筋肉の使い方を変えて脚の形を変えないと、細くすることはできないと思い込んでいたんですね。

つまり、体が歪んでいるから、歪みを整える(骨や筋肉の使い方を変える)ことを先にしないと、脚は細くならないと思っていたんです。

しかし、そんなことは決してなくて、食事と筋トレと軽い有酸素運動でちゃんと脂肪を落とすことができたら、それだけで脚は細くなりました。

一気に変わることはなくてじわじわとでしたが、コツコツと積み重ねた努力は確実に効いて、細くなっていきました😊

脚の形や筋肉の張りを無理やりどうにかしようとするより、質の良い食事を摂ること、睡眠の質を上げること、以前より少しだけ運動することを積み重ねていけば、脚だけでなく全体が痩せていきます。

脂肪を落とし切っても変わらない部分に、整体やジムでアプローチするのがおすすめ

もしも、食事と運動に関してできることをやって、それでも納得いかない部分や自力で変えられない箇所があれば、それだけ整体やジムといったところに任せるのがおすすめです。

ただ、わたしが言いたいのは、「これをしなければ(ここに通わなければ)痩せられない」ということは絶対になくて、自分のできる範囲で食事と日常生活の習慣を変えていけば十分ダイエット効果を得ることはできる、ということです。

脚痩せは難しいと言われることもありますが、食事と立ち方・歩き方に気をつけて、たまに走ったりすれば、それだけでめちゃくちゃ変わります。

自力でできることから少しずつ始めて習慣づけて、どうしても変わらないところだけプロに任せるのが、リバウンドも少なくお金も時間も無駄にしない方法なのかな?と思っています✨

脚は努力次第で細くなる

脚は、頑張り次第で細くすることができます。

ただ、むやみに鍛えると太くなることがあるので注意です。

筋肉は簡単につかないなんてよく言われますが、太もも前側やふくらはぎは張りやすく、目立ちやすいので、自分で見ると太くなった感じがするはずです。

それよりは、お尻や裏ももだけ軽く筋トレしつつ、脂肪を落とすために食事内容の質を上げたほうが脚は細くなりやすいです。

いずれにしても、頑張り方に少し気をつけてやるべきことを地味にコツコツやれば、必ず体に変化は現れるので、ぜひやってみてくださいね😊💓

おすすめ関連コンテンツ



ABOUT

ダイエット・美容ブロガー。 東京都内在住の26歳。167cm60kgから52〜53kgに。最終的なゴールは167cm47kg、華奢だけど筋肉のついたモデル体型が理想。ダイエット、コスメなど美容と健康に関わることが大好き。食事改善・習慣づけ・立ち方歩き方の改善・ジムでの運動を中心にダイエット継続中。「食べて痩せるダイエット」「挫折しないダイエット」「健康的に綺麗にモデル体型になるダイエット」を追求し発信しています。 ご質問・ご感想はTwitterやLINE@からいただくと返信が早くなります。 その他お仕事のご依頼などのご連絡はお問い合わせフォームからお願いします!