キックボクシングはやり方次第で筋肉痛になる箇所が変わる

キックボクシングはやり方次第で筋肉痛になる箇所が変わる

こんにちは、ルカ(@RUKAv2)です😊

先日キックボクシングの体験に行ってきてすっかりハマり、入会してすでに2回レッスンを受けてきました!

本当に楽しくてストレス発散にもなるし全身使った感じがあってすっきりするしで、今までやったスポーツの中で一番楽しいです💓

そんなキックボクシングを2回やってきて、2回とも筋肉痛になる箇所が異なりました。

もっと言うと、1回目の筋肉痛はちょっと失敗、2回目の筋肉痛は成功かも!という感じでした✨

キックボクシングに取り組む際、少しやり方を間違えると脚が太くなることもあります。

そうしたことを防ぐため、トレーナーさんにいろいろアドバイスをもらいました。

1回目のキックボクシングでは、ふくらはぎ・大腰筋・背中が筋肉痛になった

1回目のレッスンの時は、初めてだったこともあってフォームを覚えるのに精一杯でした。

どこの筋肉を使うとかそういったことはあまり意識できなかったのですが、それでもトレーナーさんのアドバイスをなんとか取り入れてやってみたら、来てほしかった背中に筋肉痛がきました!

背中が綺麗に引き締まっていないのが気になっていたので、朝起きて背中に筋肉痛がきたことに気がついた時は「やったー!!」となりました。

もう2箇所筋肉痛が来たのが、ふくらはぎと大腰筋です。

ふくらはぎは右の方が特にパンパンになってしまって伸ばしにくくて、「うわーこれは太くなるやつだ…」とちょっと落ち込みました。

もう1箇所の大腰筋は太ももの付け根部分で、ここが筋肉痛になるのは脚痩せ的には良いみたいです。

ふくらはぎだけがちょっと惜しくて、次のレッスンの時はふくらはぎの筋肉痛は避けたい…!どうしてこうなったか聞いてみよう!と思いました。

こうして1回目のキックボクシングは無事に終わり、筋肉痛の場所が少し惜しかったものの、背中と大腰筋は正解だったのでまあ良しという感じでした✨

2回目のキックボクシングでは、お腹全体・背中が筋肉痛になった

2回目は、別のトレーナーさんに担当してもらうことに。

最初の時は体験だからフォームのことで精一杯だったけど、今回はちょっと余裕ができて、どんな体型になりたいかとかいろいろと相談することができました。

そこで、

  • 太ももの前側と外側の余計な筋肉を落としたい
  • ふくらはぎを細くしたい
  • 下半身全体の筋肉と脂肪を落としてすらっとした体型になりたい

と言ったらうんうんと聞いてくれて、そういった体になるためのアドバイスをしてくれました✨

そして、キックボクシングの動きだけでなく、下半身を太くしないように体を使うためのコツみたいなものをとことん教えてもらいました。

すると、はしごのようなものを使ったり、ストレッチボードを使ったりして指示通りに動くうちに、だんだん下半身に負担をかけることなく動く感覚がわかってきたんです。

トレーナーさんの教えてくれたことを要約すると、「脚だけでなく、上半身含めて体全体を背骨から使えるようになれば、脚に負担がかからなくなって余計な筋肉は落ちる(たしかこんな感じのことを言ってた!)」ということでした。

細くするために鍛える!!というのが普通の考えのようですが、わたしは脚に関してはこれは違うとずっと思っていたので、同じようなことを言われて「やっぱりそうなのか!」とすっきりしました✨

体の使い方次第で、同じキックボクシングをしたとしても、効果の現れる部位は変わってきます。

実際、トレーナーさんの体型を見ていると、みんながっちりしているけど脚は細く、足首がキュッと締まっていてとても綺麗でした。

こうして体の使い方に気をつけて、アドバイスの通りに動いていたら、次の日筋肉痛になったのはなんとお腹全体と背中という結果に!!

お腹は一箇所にくる感じではなく、全体に効いている感じです。

そして今回は、脚にはまったく筋肉痛が来ませんでした。

裏ももに多少来たかな?という程度です💡

ちゃんと上半身を使えていたのか、ふくらはぎには筋肉痛は来ませんでした😊

上半身をうまく使えるようになれば、脚は太くならない

トレーナーさんの言う通り、体を軽く使って下半身に負担をかけないようにすれば、脚は筋肉痛にならずに上半身の方にくるのだと実感できました。

この違いがすごく面白くて、一見同じに見える動きでも意識や微妙な使い方の変化で変わってくるんだなあと思いました。

これは、キックボクシングに限らない話です。

普段立ったり歩いたりする時もそうですし、他のスポーツでも同じだと思っています。

脚に関しては特に鍛える=細くなるではないので、本当に注意が必要です🙅

一生懸命運動しているのに脚が太くなっていく…という人は、まずは体の使い方を見直して、脚ばかりに負担が来ていないか確認してみてくださいね😊

参考になれば幸いです!

おすすめ関連コンテンツ



ABOUT

ダイエット・美容ブロガー。 東京都内在住の26歳。167cm60kgから52〜53kgに。最終的なゴールは167cm47kg、華奢だけど筋肉のついたモデル体型が理想。ダイエット、コスメなど美容と健康に関わることが大好き。食事改善・習慣づけ・立ち方歩き方の改善・ジムでの運動を中心にダイエット継続中。「食べて痩せるダイエット」「挫折しないダイエット」「健康的に綺麗にモデル体型になるダイエット」を追求し発信しています。 ご質問・ご感想はTwitterやLINE@からいただくと返信が早くなります。 その他お仕事のご依頼などのご連絡はお問い合わせフォームからお願いします!