フリーランスで一人暮らししたい場合、審査は通るのか?実際に確かめてみた!

毎日コツコツ取り組む大切さ

こんにちは、ルカ(@RUKAv2)です icon-star 
わたしは今フリーランスとして仕事をしていて、この働き方がとても好きです。
好きな時に好きな場所で仕事ができる。そして、その管理はすべて自分次第。この自由さと緊張感が隣合わせな感じが、自分に合っているなあと思うんです。
しかし、だからと言って楽しいことや良いことばかりではありません。困ることもあります。そのうちの一つが、家を借りる際の「入居審査」です。
わたしはわけあって実家から出て一人で暮らすつもりなのですが、事前にいろいろ調べていたら

ルカ
これは苦戦しそうだな…
と感じました icon-cloud 
そこで、フリーランスでも家を無事に借りれるのかどうか?確認してみることにしました!
「フリーランスだけど、家借りれるのかな?」と疑問に思っている方はぜひ読んでみてくださいね

まずは家を選ぶ

まずは家を選ぶことから始まります!家選び、とってもワクワクしますよね(*´ω`*)
「どんなインテリアにしようかな」「広い部屋でのんびりしたいな」など、妄想が止まらなくなります… icon-heart 
男性でこだわりがない人に多いのが「家は寝るために帰る場所みたいなものだから、どんなのでもいい」いうものですが、わたしはこの真反対の考え方なんです。

ルカ
フリーランスで場所を選ばない分、家で仕事したいときもあるし、料理も楽しみたいし、お風呂だってゆっくり入りたい。のんびりしたいから広いところがいいし、キレイでテンション上がるところがいい!
…と、家に求めることがたくさんあるんです。毎日過ごす場所だからこそこだわりたいなと思うんですよね。
自分で条件を洗い出して、それに合う家をひたすら検索して探しました。
わたしの家選びについては、以下の記事を読んでみてください!
参考記事:
こうして、理想の家をようやく見つけることができました✧*。

いよいよ入居審査!

家が見つかったら、契約の段階に入ります。
ここで問題になってくるのが、フリーランスだということ。フリーランスは、会社員と違って、定期的に決まったお金が入ってくるものではありません。
もちろん会社員だって辞めてしまえば決まったお金は入ってこなくなりますが、会社に所属している限りは、フリーランスよりも「安定感」があるのです。
どんなに稼いでいたとしても、それを証明できないと厳しいものがあります。証明するには、「収入証明書」が必要です。
収入証明書として代表的なものが、確定申告書です。つまり、「ちゃんと税金を納められるくらい十分な収入があるのかどうか」を証明できるかということなんです。
わたしの場合は本格的にフリーランスになってまだ数ヶ月で、今度の確定申告が初めての確定申告のため、提出することができませんでした icon-cloud 

ルカ
でもちゃんと収入があることを証明できればいいんだよね!
と気を取り直して、銀行の明細とASP(アフィリエイトサービスプロバイダ:広告を扱っている会社で、アフィリエイターは基本的にここからお金が振り込まれる)の振込明細を不動産屋の担当の方に送りました。
ですがやっぱり、「厳しそう」とのこと(´•̥ω•̥`)
フリーランスだと一人暮らしさえも難しいのかな…と思ったのですが、住みたい家が新築で管理会社も少し厳しめのところらしく、そこまで厳しめではないところもあると不動産屋さんが教えてくれました。
それでもわたしはどうしても「この家がいい!」と諦めたくなかったのですが、そうしたら不動産屋さんから提案が来ました。
一つは、敷金数ヶ月分を支払うこと。もともと敷金礼金0円の物件だけど、この場合敷金約3ヶ月分が必要かもと言われました icon-bolt 
もう一つは、保証人を親にすること。保証会社利用で保証人不要の物件だったのですが、審査が厳しそうな場合は必要とのことでした。
この2つに了解したあと、数日して連絡が!
やっぱり審査は厳しいらしく、保証人ではなく契約者自体を親にすることが必要だと言われました(´・ω・`)
親に迷惑かけるのも嫌だし、何より自分の名前で借りられないことが悔しい!とも思いました。ただ、どうしてもその家がいいのと、フリーランスとして年単位で働いて、収入を証明できるようになったら新しいところを借りればいいとも思ったので、親に頼むことにしました。
ありがたいことに親が引き受けてくれたため、「その方向でお願いします」と不動産屋さんの方にお願いしました。
そのあと親に契約確認の電話が行き、翌日「審査に通りました」と連絡をいただきました!
正直もっとすんなり行くと思っていたのでちょっとショックでしたが、自分の名前でちゃんと借りられるようになるまで仕事頑張ろう!と思いました

もしどうしても一人暮らししたいなら…

フリーランスの方で、「どうしても一人暮らししたい」「家を借りたい」という方がいたら、以下の点に当てはまっていると審査に通りやすいと思うので、チェックしてみてください!

  • 収入証明書(確定申告書など)がある
  • 通常より多めの敷金を払うことができる
  • 一定の収入がある親に保証人・契約者になってもらう
急いでいないなら、しっかりと開業届(希望する人は青色申告申請書も)を税務署に提出して、確定申告の時期まで待って申告し、それを証明書として持っていくのが確実だと思われます。
また、フリーランスになって数ヶ月より数年経っている方が信用性は高いので、自分はどうかな?と確認してみてくださいね!
いずれにしても、何かしら方法はあります。どうしても希望の家の審査が難しそうなら、審査がそこまで厳しくない家に変えるという手もあります。
不動産屋さんが相談に乗ってくれたり協力してくれることもあるので、ぜひ一度相談してみてください!
フリーランスの一人暮らし生活について、またお伝えしていきます(。・ω・)ノ゙

おすすめ関連コンテンツ



ABOUT

ダイエット・体の仕組みが大好きです。167.5cm60kgからスタートして、-8kg達成!現在も継続中で脚痩せが大きな課題です。 ご質問・ご感想はLINE@からいただくと返信が早くなります。 その他お仕事のご依頼などはお問い合わせフォームからお願いします。