食事改善でダイエットはできるけど、体の形を変えたいなら体の使い方も同じくらい重要!

体の使い方と食事について

スポンサーリンク

最近、食事や体の使い方について、いろいろ考えていることがあります。

先日、森拓郎さんのツイッターを見ていて、こんなツイートを発見しました。

とても納得しました💡

筋トレは、筋肉を鍛えるのはもちろん、筋肉の使い方にも影響します。

一方食事は、体そのものを作る材料というか、細い太いを左右するだけであって、体の細かな形を作るのには影響しないと言えます。

腑に落ちたのは、自分の体でそう実感していたからです。

食事を変えて2ヶ月、「痩せたね」と言われることが増えました。久々に会う人には必ず言われます。

しかし、脚の筋肉の張りは思うように解消せずに、困っていました😢

このことについて考え、対策方法を見出してみたので、書いていきます!

体の使い方を変える必要があると確信した

今年の5月2日から食事改善を始めて、2ヶ月が経過しました。

大好きなチョコレートやケーキを食べる回数は大幅に減り、体全体が一気にボリュームダウンしました。

会う人に頻繁に「痩せた?」「変わったね」と言われるくらいにはなったので、結構変われたのかなとは思います。

食生活改善のコツ◎前日に食べるものを決めておくと迷わない&挫折しにくいことが判明した!

2017.06.11

でも、どうしても変わらない部分があります。

先ほどお伝えした、「脚の筋肉の張り」です。

主に前側と外側の張りで、朝はまだ大丈夫なのですが、メイクしている間にも張ってきてしまったりして、出かける前に多少むくんでることがほとんど…

それでも前よりはましになりましたが、どうしても根本的な解決にはなっていないような気がして、ずっと悩んでいました。

太ももの前側や外側が張ると、ふくらはぎも同時にむくんで形が悪くなって、テンションがものすごく下がるんです…

脚がむくむとなぜか腕もむくむし、この季節思い切って露出できないのは辛いと思い、再度体の使い方を真剣に考えるようになりました。

内転筋を鍛えるとか、大腿骨を外旋させるとかもやってみたけど、どれもピンとこなくて…

しかも、食事を変えてもそこだけはなかなか解決できないと気がついてから、体の使い方の重要性をより強く感じました。

食事は大事、同じくらい体の使い方も大事

以前ツイッターでも書いたのですが、ダイエットにおいてはまずは思考が大事です。

我慢すると考えないよう、ストレスをいかに感じないで継続できるか?

このベースがないと、継続できずにまたリバウンド、と繰り返してしまいます。

「我慢する」のではなく「健康的な食事を選択する」と考えれば、ストレスは格段にたまりにくくなる

2017.06.13

まずは思考、そして、次に食事です。

体を作る材料となるのは、口から入れるものです。

添加物や砂糖ばかりの食事をしていては、体が内部から崩れていきます。

体の形を考える前に、体を巡るもの、体を作るものについて真剣に考え、向き合うようにします。

そして次に体の使い方…と思っていたのですが、これが食事と同等くらいに大事かも?と思うようになりました。

というのも、体の使い方を整えれば、骨があるべき位置に移動し、使いたい筋肉を使えるようになるので、体が快適になっていきます。

体が快適になると心にも余裕が生まれるので、正しい判断ができるようになります。

つまり、何を食べ、何を食べないか、冷静に判断できるようになります。

ストレスでやけ食いなどもなくなり、落ち着いて考えられるのです。

実際わたしも、体が辛くて(腰痛、肩こり、坐骨神経痛など)暴飲暴食してしまった時があったのですが、それらの痛みが解消されるにつれ、食欲が落ち着いたり、食べるものが変わったりしました。

そういうわけで、「思考>>>食事≧体の使い方」という感じで、今のところわたしの中で結論が出ています。

体の使い方を変えるには、筋トレしかない?

食事についてはこれまでも書いてきましたし、これからも引き続き書いていく予定ですが、体の使い方についてはいまだに見えていないことが多いです。

わたし自身大きな結果を出せているわけではないので、正直まだ悩み中です。

しかし、その方法として、可能性があるものを見つけ、今取り組もうとしている最中です。

それは、「ジャイロトニック」「ジャイロキネシス」というものです。

聞いたことがある人もちらほらいるかもしれませんが、まだまだ日本ではマイナーで、知らない人も多いと思います。

ジャイロトニックとジャイロキネシスは、バレエで体を故障した人がリハビリのために考案したもので、ストレッチやヨガ、ピラティス、筋トレをほどよく混ぜ合わせたような、とても気持ちの良いエクササイズです。

ジャイロトニックは専用のマシンを利用するもので、ジャイロキネシスは床や椅子を使ってやります。

以下のようなマシンを見たことがある人もいるのではないでしょうか?

ジャイロトニック

スタジオナチュラルフローさんから画像をお借りしました)

わたしは、実は筋トレが苦手です💦

運動経験が人生でほぼゼロに等しく、辛いことが嫌いなため、激しいトレーニングや運動をすると、ストレスの方が勝ってしまうんです…

終わった後は気持ちが良いけど、「またやりたい!」とは思えませんでした。

ヨガやピラティスもやってはみたけど、動きが少なくて飽きてしまうというか、特に楽しいと感じられずにいました。

おそらく、食事と同じように、運動でも好き好きがあると思います。

わたしの場合は特に好き嫌いが激しいですが、それを克服するまでもいかなくて、他の方法を探していました。

そこで出会ったのがジャイロトニックで、そのあとジャイロキネシスを知りました。

ジャイロトニックにはすでに2回体験したのですが、すごく気持ちが良くて、運動で初めて「またやりたい!」と思えたものでした😊

今数カ所体験に行っていて、家から近くて通いやすいところで、相性の良い先生がいるところを探しています✨

ジャイロトニックでの体の動きをヒントに、日常生活でできることについても試行錯誤中なので、もし発見したらお知らせしたいと思っています!

日常生活で歩き方と立ち方を意識するだけでは、しっかりついてしまった筋肉のつき方を変えるのはなかなか難しいなと最近感じるようになりました。

そのため、日常生活ではちょこちょこ取り入れられるようなエクササイズなどを試しながら、体を少しずつ矯正していくのが良いのかなと思います。

それにプラスして、ジャイロトニックについても調べてみて、体がどんな風に変わっていくか試したいです。

食事と体の使い方、両方から攻めていく!

食事で太ももの前側や外側の張りがなかなか落ちないとはいえ、やはり食事は大切です。

そのため、食事の改善は続けながら、体の使い方についても考え、取り組んでいくつもりです😊

わたしの場合はストレスを感じやすかったり、脚の筋肉が強力に張ってしまっているのですが、諦めなければ体は変えられる!と言い聞かせて、引き続きいろいろ試していこうと思います!

体の使い方に関するおすすめ記事

運動よりも、まずは体の「使い方」が大事。その立ち方と歩き方、大丈夫?

2017.02.28

ルカルカダイエットの3大キーワードは「習慣・食事・使い方」!

2017.06.07

「骨盤を立てる」ってどういう感覚?簡単なようで難しい!

2017.07.09

 

スポンサーリンク

ABOUT

ダイエット・美容ブロガー。 東京に住む25歳。美容と健康、うさぎ、音楽、海外ドラマ、チョコレートが好き。現在は食事改善を中心にダイエット継続中です。 ご質問・ご感想はTwitterやLINE@からいただくと返信が早くなります(*´ω`*) その他お仕事のご依頼などのご連絡はお問い合わせフォームからお願いします!