ダイエットに成功する人や細い人の特徴と共通点

ダイエットに成功する人の特徴と共通点

スポンサーリンク

ダイエットって、本当に難しいです。

情報が多すぎて、「何が自分に合っているかわからない」「結局どうしたら痩せるのかわからない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

ダイエットの成功体験談も、人によって様々です。あるダイエット法で成功したという人もいれば、失敗したという人もいます。

つまり、ダイエットには正解がありません。

ただ、ダイエットに成功する人の共通点や細い人の共通点というものは、いくつかあります。

方法は様々ですが、共通することもいくつかあるんです。

ダイエットに成功する人の特徴・共通点

では、ダイエット成功者の特徴と共通点を5つ紹介します!

いろいろなダイエット体験談やわたし自身の経験、本やブログなどから情報を集め、「これだけは共通している!」というものを集めました。

特徴1:継続できる

まず、継続できるかどうか?はダイエット成功のための必須項目です。

例えば、食べないダイエットは絶対に継続できません。

また、◯◯しか食べないダイエットも、それをやめた途端もとに戻ってしまうことが多いです。

そのため、継続できることをダイエット方法として選ぶのが大事です。

「継続できる」ということは「無理のない範囲でできることを選ぶ」ということです。

無理のない範囲で食事を変えたり、無理のない範囲で運動や筋トレをしたり。

無理がなければ、続けることができます。

続けられれば、効果を出すことができます。

つまり、そのダイエットで成功できるかどうかは、どれくらい継続できるか?にかかっているということです。

極端なダイエットは、ストレスを溜めてリバウンドする可能性大です。

ゆるやかに60〜80%くらいの気持ちで頑張れて続けられるダイエット方法を選んでくださいね。

特徴2:ストレスがない or 適度に解消している

ダイエットにストレスは大敵です。リバウンドを引き起こす原因となるからです💦

ダイエットに成功している人はみんな、ストレスを感じていなかったり、ストレスがあっても適度に解消しているという共通点があります。

わたしも、過去一番ダイエットで成功したときはストレスをまったく感じませんでした。

それどころか好きなもの食べてたし、ダイエットという意識があまりなかったし、日常生活にちょっとあることを取り入れただけで一気に2週間で5キロくらい痩せて、そのあとも順調に2〜3キロ減りました。

ルカ
ダイエットってつらくて大変なものだっていう意識があったけど、そうじゃないんだ

とびっくりしました。

ちなみにこの時痩せた方法は「1分骨盤ダイエット」です。合ってる人は一気に効果が出る方法だと思うので、興味があれば試してみてください。

ダイエットは、「つらく苦しいもので我慢に我慢を重ねて効果がやっと出るもの」と思われがちですが、決してそうとは限らないです。

実際、わたしだけでなく、「気がついたら痩せてた」「全然つらくなかった」という人が大勢います。

また、食事制限・改善などでストレスが多少あったとしても、3日に1度は好きなものを食べる、朝は好きなものを食べるなど、自分なりのルールを設けて続ける工夫をしている人も強いです。

最初に書いたように、ストレスはリバウンドの原因となります。

ストレスを感じない自分に合ったダイエット法を探したり、ストレスを感じても解消するよう工夫してみてくださいね。

特徴3:骨盤や脚の歪みが解消されている

細い人はみんな、骨盤や脚の歪みの度合いが少ないです。

骨があるべき場所に収まっていて、筋肉がつくべきところについてバランスが良い人というのは、痩せやすい傾向にあります。

例えば、脚痩せを例に挙げると、脚が細くなる人というのは、総じてまっすぐなことが多いです。

前ももだけに筋肉がしっかりついて後ろぷよぷよ、などではなく、全体的に脂肪がついている人の方が痩せやすかったりするんです。

骨盤が前傾していたり、大転子と呼ばれる太ももの付け根の横の部分が出ている人は、脚は細くなりにくいです。(大転子は以下の画像を参照)

大転子の位置

それは、筋肉のつき方のバランスが悪いからです。

細い人は、体の使い方がうまいんです。つまり、筋肉バランスが良く、使いたい筋肉をうまく使えているんです。

そこに覆いかぶさるようにして脂肪がついているため、それを落とすだけですっきり綺麗になります。

逆に体の使い方が下手で筋肉バランスが悪い人は、使いたい筋肉を使えずにいるので、たとえ頑張って運動したとしても、筋肉のつき方は変わらずに思ったほどの効果が見込めません。

特に下半身痩せしたい場合には、骨盤や脚の歪みに注目するといいです。

体の使い方、つまり日常動作である立ち方や歩き方を変え、使いたい筋肉を使えるようにしていくと、効率的に細くすることができます。

特徴4:リラックスした良い姿勢が取れている

細い人は、立ち姿がとても綺麗です。

スッと姿勢よく、足元から一本の線で貫かれているかのようにとっても綺麗です。

しかも、頑張って筋肉で押さえつけている感じではなく、力が抜けて骨で立っているような感じがするんです。

細い人は、余計な筋肉を使っていません。

必要最低限の筋肉を使うことで、シルエットは細く、またその筋肉を鍛えることで細いのに力強い体を手に入れることができます。

よく「筋肉がある=細い」みたいに言われることがありますが、実はこれは嘘です。

例えばわたしはふくらはぎが太いのですが、クリニックで全身の筋肉量を計測してもらったら、ふくらはぎは筋肉がしっかりついていました。

脚は特にその傾向があります。脚は筋肉でデザインされ、その上にコーティングするように脂肪がついているため、筋肉のつき方を変えるだけで一気に細くなります。

ちょっと話が逸れましたが、細い人は余計な筋肉を使わず骨のバランスで立っているため、筋肉が必要以上に発達せず、細い体を維持できているんです。

試しに今度電車のホームなどで待っている人の立ち方を見てみてください。

きっと、細い人ほど力が抜けてスッと地面に垂直に立てているはずです。

特徴5:体が冷えていない

健康的に細い人の体は、温かいです。

冷えているところは血行が悪く、むくみやセルライトを引き起こしやすくなるため、冷えは解消するに越したことはないです。

「すべての不調は冷えが原因」だと言う人もいるくらいです。

また、ミスユニバースの栄養管理を行なっているエリカ・アンギャルさんも、「冷えた女性に美女はいない」と言い切っています。

体を温めて平熱が上がったら自然と痩せた、という人もいます。

わたしも前は冷え性で足先が冷えて眠れないくらいでしたが、白湯を飲むようにしたら結構解消され、肌の乾燥も減りました。

痩せやすい体のベースを作るためにも、冷えは解消しておきましょう。

また、ダイエットして冷えがひどくなったという人は、あまり綺麗な痩せ方とは言えません。

健康的に細い体を手に入れたいなら、体を温める習慣をつけてくださいね👍

考えられる「太った理由」を潰していけばいい

ダイエットを成功させたいなら、自分が太った理由を潰していくのが近道です。

例えば、暴飲暴食で太ったなら食事を改善すればいいし、姿勢が悪くて筋肉バランスが崩れているなら日常動作を見直せばいいです。

それに加えて、上記の特徴・共通点5つを意識してダイエットすれば、高確率で成功します。

どんなに太っている人でも、努力と工夫次第で痩せることは可能です。

「体質だからしょうがない」と思っている人も、体質は変えられるので大丈夫です。

体質は、習慣が作るものです。

諦めず、ダイエットを成功させるため頑張っていきましょう✨

 

ダイエットに関するおすすめ記事

料理初心者、自炊が苦手&めんどくさい人でも上手に食生活改善してダイエットする方法

2017.06.19

食生活改善のコツ◎前日に食べるものを決めておくと迷わない&挫折しにくいことが判明した!

2017.06.11

『エッセンシャル思考』をダイエットに応用してみた!ダイエットが続かない人は必見。

2017.05.05

スポンサーリンク

ABOUT

ダイエット・美容ブロガー。 東京に住む25歳。美容と健康、うさぎ、音楽、海外ドラマ、チョコレートが好き。現在は食事改善を中心にダイエット継続中です。 ご質問・ご感想はTwitterやLINE@からいただくと返信が早くなります(*´ω`*) その他お仕事のご依頼などのご連絡はお問い合わせフォームからお願いします!