ダイエットはラクではないけど苦痛なものでもない

ダイエットはラクではないけど苦痛なものでもない

こんにちは、ルカ(@RUKAv2)です😊

食事改善と同時に運動をし始めて、ダイエットはラクなものじゃないなあと思いました。

でも、だからと言って決して苦痛なもの・苦しいものでもないとも感じています。

たしかにある程度は頑張らないといけないものなんだけど、考え方や気持ちの持ちようによっては努力を努力を感じずに目標を達成できます💡

大前提として、努力と工夫は必要

ダイエットにおいて、何も考えずに、工夫も何もせずに痩せられるということは、まずありません。

今の状態から何かしら変えないと身体も変化しないので、努力と工夫は必要です。

しかし、努力すると言っても、辛いことをやらなければいけないということではありません。

たった一つだけでも、今の習慣を一つ変えられれば、肉体面かメンタル面で必ず変化を実感できるはずです😊

習慣を変えるとなると、多少の抵抗感が生まれます。

今までと違ったことをするのだから当たり前のことです。

この抵抗感をいかに減らしていくかが、ダイエットの課題となります。

これが、ダイエットはラクではないとお伝えした理由です💡

抵抗感を減らすために何かしらの努力や工夫は必要なので、まったく何も考えずにラクに痩せる、というのはなかなか難しいんです。

とはいえ、この抵抗感を上手に減らしていければ、つらいとはほとんど感じることなくダイエットに成功します✨

わたしもたくさん工夫したおかげで抵抗感を減らせて、結果いつの間にか習慣を変えることができました。

例えばこんな感じで、できるだけ無理のないように少しずつ毎日の過ごし方を変えていきました👇

食生活改善のコツ◎前日に食べるものを決めておくと迷わない&挫折しにくいことが判明した!

2017.06.11

我慢・制限・苦しい・苦痛と感じたら注意

ダイエットで「努力する」と言うと、「食事を我慢する」「つらい運動をする」「甘いものを一切食べない」といったストイックなことを想像しがちです。

たしかにすべて最初から完璧にできたらすごいし、結果も出ると思いますが、抵抗感が強ければ強いほどもとに戻ってしまいます。

つまり、リバウンドが起こります💦

また、「我慢してる」「食事制限してる」「運動は苦しいもの、苦痛なもの」という認識ができてしまうと、ダイエット=つらいものとなってしまって続かなくなります。

だから、我慢・制限・苦しい・苦痛といったマイナスイメージの言葉がもし頭に思い浮かんだら、ダイエット失敗への入り口に足を踏み入れていると思って注意してください⚡️

こちらの記事もあわせて読んでみてください👇

「我慢する」のではなく「健康的な食事を選択する」と考えれば、ストレスは格段にたまりにくくなる

2017.06.13

「楽しい」と思える瞬間を増やしていく

ストレスを感じていても、「楽しい」と思える瞬間の方が多ければ、続けられるものです。

どうせダイエットするなら、楽しい、ワクワクすると感じながらダイエットしてほしいとわたしは思っています😊

例えば、

  • 理想体型の女の子の写真を見てモチベーションを高める
  • 美味しい料理を自分で作る
  • 身体の変化を楽しむ
  • ランニング用の可愛いウェアを買う
  • 痩せたらやってみたいことをたくさん書き出す

など、ワクワクすることを増やしていきます💓

甘いものやお菓子が好きなら2〜3日ごとに食べるというルールを決めて、それを楽しみに頑張るとか、そういう楽しみ方もありです.*・。♡゚

とにかく、ダイエットに対してネガティブなイメージではなく、ポジティブなイメージを増やしていくと、モチベーションを保ちやすくなります✨

ダイエットに挫折しがちな人、つらくて続かない人はぜひこの考え方を身につけてみてください(o´ω`o)

参考になれば嬉しいです💓

おすすめ関連コンテンツ



ABOUT

ダイエット・美容ブロガー。 東京都内在住の26歳。167cm60kgから52〜53kgに。最終的なゴールは167cm47kg、華奢だけど筋肉のついたモデル体型が理想。ダイエット、コスメなど美容と健康に関わることが大好き。食事改善・習慣づけ・立ち方歩き方の改善・ジムでの運動を中心にダイエット継続中。「食べて痩せるダイエット」「挫折しないダイエット」「健康的に綺麗にモデル体型になるダイエット」を追求し発信しています。 ご質問・ご感想はTwitterやLINE@からいただくと返信が早くなります。 その他お仕事のご依頼などのご連絡はお問い合わせフォームからお願いします!