イスと床、どちらに座る生活が理想的?ダイエットするなら断然こっち!

イスと床、どちらに座る生活が理想的?ダイエットするなら断然こっち!

あなたは、イスと床どちらに座って生活していますか?

イスに座って何かするのと、床に座って何かするの、日常生活の中でどちらの割合が大きいでしょうか?

結論から言って、わたしはイスに座って生活することをおすすめします💡

ダイエットや健康の面から見ても、イスに座る生活の方がおすすめだと言えます。

その理由を詳しく説明していきます😊

イスに座る生活のメリットとは?

イスに座る生活をおすすめする理由について、3つに分けて説明します💓

だらだらしにくくなる

まずはこれ!だらだらしにくくなるのは、最大のメリットだと感じました。

というのも、わたしの場合なのですが、夜ごはんを食べたあとにのんびりだらだらしてしまう傾向があって、そのままなんとなくUBEREATSでデザートを頼んでしまったり、仕事へのやる気がなくなってNetflixやHuluを観たり、といったことが続いたんですね💦

最近は本当にだらだらしていました。反省。汗

はじめはだらだらしてしまう原因がわからなくて、ストレスかな?とか思っていたのですが、「食べる時の環境」がその後を大きく左右していることに気がつきました。

一人暮らしを始めてからは床に座ってテーブルで食べるので、お腹いっぱいになった後はなんとなく片付けるのが億劫で、そのままだらだらしていました。

それがいけないのかも?と気づき、仕事用のデスクを片付けて夜ご飯を食べてみたところ、イスに座ってだらだらするのは難しいので、すぐ片付けてお皿を洗って、きびきび動けるようになったんです💓

よく、間食してしまうのにはそのきっかけとなるものがあるはず、と言われますが、まさにそのような感じで、自分がいつどのようなタイミングで間食しやすい&だらだらしやすいのか考えてみたら、答えが見つかりました😊

なるべくイスに座って生活すると自然とだらだらしにくくなるので、それだけでもダイエットしやすくなります。

姿勢を正しやすい

2つ目のメリットは、イスに座ると姿勢を正しやすいということ💡

床に座ると、掘りごたつでもない限り、横座り(お姉さん座り)か、ぺたんこ座り(両足を曲げた状態)か、あぐらになってしまいます。

こうなると背骨は自然に曲がるし、姿勢を維持しにくくて、誰でも崩れた姿勢になってしまいます。

姿勢が崩れると体に負担がかかり、肩や背中が痛くなったり、歪みが助長されます💦

もちろんイスに座っていても姿勢をずっと保つのは難しいですが、床に座るよりは容易なはずです。

そう考えると、体をできるだけ良い状態に保つという意味で、イスに座る生活の方がおすすめだと言えます。

脚が歪みにくい

上の姿勢のことと被りますが、床に座ると、どうしても脚を含めた下半身全体に負荷がかかります。

例えば、いつも右に脚を出してななめに座っている人がいたら、その通りに骨盤は歪みます。

骨盤が歪めば脚にも影響がありますし、脚を細くしたい人にとって良いことはありません。

わたしもいつの頃からか床に座ることの方が多くなって、脚が太くなりやすくなった気がします…(´・ω・`)

そうならないよう、できるだけ脚に負担はかけないように、イスに座ることをおすすめします👌

イスで生活すると気持ちがシャキッとする

わたしの部屋にある机とイスはこんな感じです😋

普段は仕事用だけど、ご飯を食べる時とかはテーブルじゃなくてこっちの机を使ってます。

ちなみに、机はフランフランで、イスはIKEAで買いました💓

クッションはフランフランのやつ✨全部通販で買えます!

もし今机やイスがすでにあればそれを活用すればいいですし、ないなら小さめのものを買ってできるだけイス生活メインにすると、それだけで活動的になって痩せやすくもなります。

迷っている方はぜひ!イスに座る生活をしてみてくださいね😊

おすすめ関連コンテンツ



ABOUT

ダイエット・美容ブロガー。 東京都内在住の26歳。167cm60kgから52〜53kgに。最終的なゴールは167cm47kg。ダイエット、コスメなど美容と健康に関わることが大好き。食事改善・習慣づけ・立ち方歩き方の改善・ジムでの運動を中心にダイエット継続中。「食べて痩せるダイエット」「挫折しないダイエット」「健康的に綺麗にモデル体型になるダイエット」を追求し発信しています。 ご質問・ご感想はTwitterやLINE@からいただくと返信が早くなります(*´ω`*) その他お仕事のご依頼などのご連絡はお問い合わせフォームからお願いします!