腰痛持ちでむくみがちな人の脚痩せ法

腰痛持ちでむくみがちな人の脚痩せ法

スポンサーリンク

わたしは、昔から腰痛持ちでむくみがちです😢

また、腰痛がひどいと脚がむくみやすくだるくなり、脚が太くなるという悪循環に陥ります。

それが嫌で嫌で、痛いし太いし最悪と思って悩んでいました💦

でも、あらゆることを試した結果、どういう時に痛くなるのかもわかりましたし、「あ、ちょっとまずい状態になっているな」と思ったらすぐに調整できるようになりました。

もし同じように悩んでいる方がいたら、参考にしてみてください😊

余計な力を込めているから痛くなる

まず、なぜそもそも腰が痛くなるのでしょうか?

それは、余計な力を込めていることが原因です。

腰痛といってもいろいろあるので一概には言えないのですが、多くの場合は腰の筋肉に負担がかかり、凝って痛くなっています。

その余計な力を抜けば、腰痛は解決します。

よく腰痛だと言うと「腹筋を鍛えてバランスを取ればいい」という人がいますが、それはちょっとおかしな話です。

両方に力を込めるのではなく、腰の筋肉の余計な力を抜くことができれば、腹筋を鍛える必要なんてありません。

むしろ腹筋を鍛えようとしてよくある腹筋運動をしても、アウターマッスルである腹直筋が鍛えられるだけで、お腹そのものは引き締まらないのです。

だから、まずは自分が余計な力を込めてしまっていることを意識しましょう💡

肩こりなども同じです。肩に大きな負荷がかかるから、筋肉がぎゅっと固まってしまうのです。

例えば、重い荷物を持ち続けていた人が軽い荷物に変えたら、肩こりが治ったということもあります。(実はわたしもそうです)

では、どうしたら腰の痛みを解消することができるのか、次で紹介していきます😊

骨盤の角度を考えれば、腰痛もむくみも怖くない

腰痛改善で効果的なのは、骨盤の角度に注目することです。

また、脚痩せにも骨盤の角度は大きく影響します。

腰痛である多くの人は、骨盤が前傾しているか、後傾しているかのどちらかです。

こうなると筋肉がある方向に引っ張られ、痛みを引き起こすのです。

いろいろなケースがありますが、腰が痛くなる時には、無意識にお腹に力を入れていることがあります。

「お腹に力を込めれば細くなる」と思っていつどんな時でもお腹に力を入れる人がいますが、そうすると骨盤が不自然な角度になり、腰が痛くなります。(これわたしです))

また、「お尻に力を込めればお尻が小さくなる、脚が細くなる」と考える人もいますが、これも腰痛を引き起こしかねません。

お尻に力を入れるとお尻がぎゅっと下向きに引き込まれ、骨盤が後傾し、腰のカーブがなくなります。

さらに、腰がどーんと前に突き出ていたり、高いヒールばかり履いていたりすると、それもまた腰の筋肉に負担を与えます。

ヒールを履いている場合は腰が前に出がちなので、特に注意が必要です。

まとめると、お腹やお尻に無理に力を入れて姿勢が崩れるのを防ぐこと、腰の位置に注意することが大事です。

どこにも力を込めないことを意識してください。

最初は難しく感じると思いますが、横から腰の部分を鏡に映して観察し、どの角度で一番力が入らないラクな状態になるか、自分で見つけてみましょう。

中にはもともとS字カーブが強く出ている人もいますし、平らに近い人もいます。わたしはどちらかというと平らに近い方です。

お腹にもお尻にも特に力を込めないで立ち、どのようにカーブが出るかを確認します。

この時一番ラクなところが、あなたの正しいカーブになります✨

まずは食事の改善、それから姿勢の改善をしよう

ただ、いつも食べ過ぎていたりあまりにも脂肪がつきすぎていたりすると、お腹が出てカーブが反りすぎることがあります。

そういう人の場合は、先に食事改善から始めてください。

わたしは昔「食事改善は脚痩せと関係ない!」なんて思っていたのですが、実際にやってみたらものすごく大きな関係がありました。

というか、食事を変えるだけでもだいぶ大きな変化があって、ほっそりしてきました。

でもまだ脚は外に張り出しがちなので姿勢にも気をつけている、という感じです。

食事を改善するとまずお腹の内臓脂肪が落ちてきて、すっきりしてきます。

お腹がすっきりすると、腰のカーブも自然なものに近づいていきます。

このカーブをしっかり意識して力を入れずに保つことができれば、腰痛からもむくみからも解放されます。

先に食事、その次に姿勢!と覚えておいてくださいね😊

食事改善だけで痩せることは可能だった!たった1ヶ月で「痩せた?」と聞かれるようになった理由

2017.06.06

まとめ

わたしは、日々自分の身体と向き合い、改善を重ねています。

腰が痛くなったら「どうしてだろう?」と考えますし、むくんだら「またむくまないようにするためにはどうしたらいいのかな?」と予防の観点から考えます。

余計な力を抜き、自然な腰のカーブを取り戻すだけで、脚痩せはもう目前です。

痛みがなくなれば軽やかに動けるようになりますし、使いたい筋肉をしっかり使えるようになります。

痛くならない、むくまない身体を根本から作り、美しく健康に生きていけるようにしましょう💓

 

脚痩せ関連のおすすめ記事

食生活改善で下半身が痩せた!脚痩せしたいなら、まずは食事を改めよう

2017.08.23

料理初心者、自炊が苦手&めんどくさい人でも上手に食生活改善してダイエットする方法

2017.06.19

ハイパーナイフ初体験!ふくらはぎが細くなって足首が出てきた

2017.10.02

【簡単】ダイエットにおすすめの和食レシピまとめ。美味しいものだけ集めました!

2017.06.29

「我慢する」のではなく「健康的な食事を選択する」と考えれば、ストレスは格段にたまりにくくなる

2017.06.13

スポンサーリンク

ABOUT

ダイエット・美容ブロガー。 東京に住む25歳。美容と健康、うさぎ、音楽、海外ドラマ、チョコレートが好き。現在は食事改善を中心にダイエット継続中です。 ご質問・ご感想はTwitterやLINE@からいただくと返信が早くなります(*´ω`*) その他お仕事のご依頼などのご連絡はお問い合わせフォームからお願いします!