やっぱり空腹の状態が気持ちいい!空腹を我慢するのではなく楽しもう

空腹を楽しむ方法

スポンサーリンク

こんにちは、ルカ(@RUKAv2)です💓

あなたは最近、「空腹」を感じたことはありますか?

あの、お腹がグーッとなるくらいの空腹です。

意外と、「あれ?最後にお腹鳴った音聞いたのいつだっけな?」という人もいるのではないでしょうか?

空腹になる前に、なんとなくお腹が空いた気がして食べてしまったりすると、グーッとなるまでの空腹は感じにくいものです。

空腹は、ダイエットと深い関係があります。

本当にお腹が空いた空腹の状態を「気持ちいい」と感じることができれば、その感覚はダイエットの強い味方になります。

今回は、空腹についてのあれこれをお話ししていきます✨

空腹を感じることが少ない世の中

今の世の中、特に日本では、簡単に食材が手に入ります。

美味しいものが安い値段で売られていて、手に入れようと思えば簡単に手に入れることができます。

これって、すごく幸せなことですよね。

でも、「食べたい!」と思うままに食べ続けていると、本当に食べたい状態がわからなくなってきてしまいます。

CMで流れてくる美味しそうなものの映像や音、雑誌などで特集されている美味しそうなメニューたち。

こうしたものを目にし、耳にしていると、どうしても食べたくなってしまいます。

たとえ空腹の状態でなくても、です。

五感が刺激されて、ついつい食べたくなってしまうんですよね💦

わたしも別にお腹が空いていなくても、目の前に美味しそうなごはんやお菓子があれば、つい口にしてしまいます。

友達や家族、彼氏に誘われたら断れないし、一緒に美味しいものを食べる時間を楽しみたい!と思ってしまって食べてしまいます…

しかし、ずっとそんなことをしていると、空腹を感じる時間って本当にないんです。

すぐに食べ物が手に入るのはすごく幸せなことですが、何も気にせず過ごして食べてしまっていると、食べ過ぎの状態になってしまうのです。

こうならないためには、やっぱり自分で意識してコントロールするしかありません。

結局空腹の方が食事を本気で楽しめるし、ありがたみも感じるものなんですよね。

わたしも、ここ最近の食事で、ホワイトデー、温泉旅行、実家帰省などが続き、もう食べに食べまくっていました😭

幸せでしたが、お腹いっぱいなのが毎日続いて、

ルカ
最近空腹感じてない…なんかモヤモヤするなあ

と思ったんです。

空腹=マイナスの状態と思ってしまう人が多いですが、そんなことはありません。

次で、空腹が引き起こす素敵なことをいくつか紹介していきます💡

空腹が引き起こす素敵なこと

空腹でいる時間を増やしていくと、「あれ?なんだかいい感じかも!」と思うようになっていきます。

わたしの体験も交えて紹介します😊

集中力が高まる

空腹の状態が、一番仕事や趣味に集中できます。

お腹いっぱいだと、ぼーっとしてしまって全然集中できない…という経験があなたにもあるのではないでしょうか?

お昼ごはんを食べたあとは勉強や仕事が捗らない、眠くなってしまう、というのはよくあることです。

食べないでいると、このぼーっと感がなくなります✨

これを書いている今も空腹状態ですが、かなり集中できてます👌

体に良い影響があるだけでなく、他のことのパフォーマンスも上がるのです。

消化に使うエネルギーを他に使うことができる

よく、「寝る前に食べるのは良くない」と言いますよね。

それはなぜなのか?

寝る前に食べると寝ている間に消化することになるので、そちらに体が集中してしまって、肌などの細胞の修繕に時間を使うことができなくなるからなんです。

実際、空腹状態で寝た次の日はすっきり起きられて、肌もいつもより潤ってつるつるになっていることが多いです。

寝る前にどうしてもお腹が空いてしまったらちょっと何かを食べてもいいと思いますが、

ルカ
このまま寝たら体がレベルアップする!!

と思ってそのまま寝るのもありだと思います👌

体が軽くなっていく

空腹でいると、体が軽くなっていきます。

体が軽くなるような気がするし、実際体重も落ちていきます。

体重の落ち具合については人によると思いますが、気分的に体が軽くなったような気がして、いろいろなことにやる気が湧いてきます。

この感覚がすごく好きなんです😊

「腹が減っては戦はできぬ」とは言いますが、満腹状態よりも適度に食べて空腹を感じ始めた時の方が動き出すのには最適だと個人的に思います。

ーーーーー

以上3つが、わたしが実際に感じた空腹の効果です。

空腹になったら「何か食べなきゃ!!」と思っていた人は、一度冷静になって空腹と向き合い、空腹の効果を実感してみてくださいね💓

お腹が空くまで待ってみよう

空腹を感じるには、ひたすら待つことです。

空腹を感じ始めて、グーッとなるまで待ってみましょう。

その状態をしばらくキープして、深呼吸したりして、空腹を味わいます。

空腹を味わうなんてなんだか変な感じがしますが、ぜひ一度試してみてください。

美味しいものを食べて満腹な状態も幸せですが、空腹を味わって本当にお腹が空いた時に食べるときのその瞬間こそ、もっとも幸せなのではないかと思います💡

空腹を味わうようにすると、本当に空腹の時にだけ食べるようになり、ダイエットにも効果があります。

味覚もリセットされていきます。

このように、空腹に対してポジティブな気持ちを持つようにすると、我慢するという意識ではなく楽しむという意識に変わります。

「どうしても空腹に耐えられない…」「いつもなんとなく食べてしまう」という人は、ぜひ空腹の効果を知って、実感してみてくださいね!

おすすめ関連記事

 icon-star ダイエットのための本当の食事とは何なのか?カロリーコントロールも食事制限もしたくないわたしがたどり着いた方法

  食生活を変えると、何が変わる?わたしに起こった7つの変化

  IFCA(国際食学協会)のマクロビオティックA級講座を勉強中!

スポンサーリンク

空腹を楽しむ方法

ABOUT

ダイエット・美容ブロガー&ライター。 東京に住む25歳。美容と健康、音楽、海外ドラマ、チョコレートが好き。食養学に興味があり、現在IFCAにてマクロビと調味料について勉強中。 ご質問・ご感想はTwitterやLINE@からいただくと返信が早くなります(*´ω`*) その他お仕事のご依頼などのご連絡はお問い合わせフォームからお願いします!